ニュース
» 2022年09月07日 11時00分 公開

高精度部品対応の新たなワイヤー放電加工機、消費電力20%低減し環境配慮も推進FAニュース

ソディックは、高精度部品や金型の加工に対応するワイヤー放電加工機「VN400Q」「VN600Q」の販売を開始した。自社製のリニアモーターや独自機能を標準搭載しており、長期にわたる安定した高精度加工を可能にする。

[MONOist]

 ソディックは2022年8月23日、高精度部品や金型の加工に対応するリニアモーター駆動のワイヤー放電加工機「VN400Q」「VN600Q」の販売開始を発表した。価格は、VN400Qが1500万円から、VN600Qが1700万円から(いずれも税別)。両機種合わせて、年間120台の生産を目標とする。

キャプション ワイヤー放電加工機「VN400Q」 出所:ソディック

 VN400QとVN600Qは、4軸(X、Y、U、V)に自社製のリニアモーターを搭載したワイヤー放電加工機のエントリーモデル。医療機器や航空宇宙産業向けの複雑形状部品の高精度加工や、一般的な金型の効率的な加工ニーズに応える。

 リニアモーター駆動方式は、高速移動と高精度な位置決めが可能で、機械的な接触が無いため、応答性や保守性に優れ、長期にわたって信頼性の高い運転を維持する。両機種は、リニアスケールの標準搭載に加え、高剛性機械構造および精密熱変位補正機能「TH COM(サーマルコミット)」の採用により、長時間の高精度加工が可能だ。

 他にも、テンションサーボ機能、自動結線装置「FJ-AWT」、加工板厚変化に自動的に対応する「DSF(ダイナミックシェイプファースト)」機能、セラミックスタンド、新型「LN3W、LP3W電源」、加工支援システム「HeartNC」などを標準搭載する。

 XYZ軸移動距離は、VN400Qが400×300×230mm、VN600Qが600×400×310mm、最大加工物寸法はVN400Qが830×700×225mm、VN600Qが1100×820×305mm、最大加工物質量はVN400Qが500kg、VN600Qが850kgとなっている。

 同社は、加工液処理系の消費電力が、電力消費量の約70%と多くを占めることから、ポンプの駆動エネルギーを抑える液処理回路を両機種に標準搭載し、従来機比で消費電力を約20%削減している。また、サプライ品をリサイクルするシステムを確立するなど、環境保護につながる取り組みにも力を入れている。

⇒その他の「FAニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.