ニュース
» 2022年05月19日 07時30分 公開

米国向け「BRZ」がIIHSの安全性テストで最高評価獲得、アイサイト標準装備が貢献安全システム

SUBARU(スバル)は2022年5月18日、米国向けの「BRZ」「フォレスター」が米国IIHS(Insurance Institute for Highway Safety、道路安全保険協会)の安全性評価で最高評価となる「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 SUBARU(スバル)は2022年5月18日、米国向けの「BRZ」「フォレスター」が米国IIHS(Insurance Institute for Highway Safety、道路安全保険協会)の安全性評価で最高評価となる「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表した。

 2022年の安全性評価においてトップセーフティピック(TSP)もしくはTSP+を獲得するには、6種類ある耐衝撃性能試験の全てにおいて「Good」を獲得するとともに、ヘッドライト性能試験において「Good」もしくは「Acceptable」を獲得、さらに対車両および対歩行者の両方で「Superior」もしくは「Advanced」の評価を獲得した前面衝突予防システムが選択可能であることが求められる。

 加えて、「Good」もしくは「Acceptable」評価を獲得したヘッドライトを標準装備したモデルには、最高評価であるTSP+が与えられる。

 BRZは、6速AT搭載モデルに運転支援システム「アイサイト」を標準装備としたことがTSP+の初獲得につながった。フォレスターは全ての評価基準において最高評価を獲得しており、TSP以上を獲得するのは16年連続となる。この他、「クロストレック ハイブリッド」「レガシィ」「アウトバック」「アセント」もTSP+を獲得した。「インプレッサ」「クロストレック」はTSPを獲得した。

→その他の「安全システム」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.