ニュース
» 2022年04月15日 06時00分 公開

スバル「ソルテラ」の販売目標は月販150台、最上級モデルは682万円電気自動車

SUBARU(スバル)は2022年4月14日、新型EV(電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」の価格を発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 SUBARU(スバル)は2022年4月14日、新型EV(電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」の価格を発表した。

 3グレードを設定し、AWDモデルの上級グレードの税込みメーカー希望小売価格が682万円となる。AWDモデルの通常グレードが638万円、FWDモデルが594万円だ。2022年5月12日から受注を開始する。現金一括やクレジットなど複数の購入プランを用意している。2022年度の販売計画台数は月間150台だ。

 ソルテラの満充電からの走行距離は、WLTCモードで567km(FWDモデル)〜487km(AWDモデルの上級グレード)だ。

「SOLTERRA(ソルテラ)」の価格を発表した[クリックで拡大] 出所:SUBARU

 ソルテラは、トヨタ自動車とスバルが共同開発したEV専用プラットフォームを採用している。トヨタ自動車からは「bZ4X」として2022年5月12日からリースで販売する。

 EV専用プラットフォームの他、前後のモーターによるAWDシステムや悪路走破性を高める「X-MODE」などをトヨタとスバルで共用する一方で、乗員の膝元を暖める輻射ヒーターなどbZ4Xのみに採用される技術もある。

X-MODEの走行モード[クリックで拡大] 出所:SUBARU

 AWDシステムは、スバルの技術や知見を最大限に取り入れてモーターの高い応答性や精度を活用する。従来のエンジン車のAWDシステム以上に緻密な駆動力配分を可能にし、安心感のある走りを提供するという。

 X-MODEには、新機能として悪路走行中に時速2〜10kmを維持してステアリング操作に集中できるようにするグリップコントロールを追加した。凹凸の大きい悪路や滑りやすい路面は加減速の操作が難しいため、グリップコントロールによってドライバーの負荷を軽減する。

「SOLTERRA(ソルテラ)」の価格を発表した[クリックで拡大] 出所:SUBARU

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.