ニュース
» 2021年11月12日 06時00分 公開

トヨタとの共同開発で「良いEVが完成した」、スバルが「ソルテラ」を世界初公開電気自動車

SUBARU(スバル)は2021年11月11日、新型EV(電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」を世界初公開した。参考値となるWLTCモードでの走行距離は、FWD車で530km前後。ソルテラにはトヨタ自動車とスバルが共同開発したEV専用プラットフォームを採用した(トヨタ自動車は「bZ4X」として発売)。

[齊藤由希,MONOist]

 SUBARU(スバル)は2021年11月11日、新型EV(電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」を世界初公開した。参考値となるWLTCモードでの走行距離は、FWD車で530km前後。ソルテラにはトヨタ自動車とスバルが共同開発したEV専用プラットフォームを採用した(トヨタ自動車は「bZ4X」として発売)。

 2022年半ばまでに日本や北米の他、欧州や中国などにも導入する計画で、車両は日本でトヨタ自動車が生産する。価格や販売台数目標などについてはトヨタ自動車と同様に明らかにしていない。

新型EV「ソルテラ」を世界初公開した[クリックで拡大] 出所:スバル

デザインや走りにスバルらしさ

 スバル 社長の中村知美氏は「トヨタ自動車とスバル、それぞれが強みを持ち寄って切磋琢磨し、良いEVが完成した」とコメントした。トヨタは電動車やコネクテッド機能などの先進技術、スバルはAWD技術や“0次安全”、走行安全、予防安全など、両社の得意分野で協力し合った。

 bZ4Xとソルテラの主な違いはデザインだ。外観の意匠の他、ソルテラ専用のボディーカラーや内装色を用意した。ソルテラ向けのデザインに加えて、ソルテラとbZ4Xの共通デザインとなる部分についてもスバルがリードしたという。乗り味についてもセッティングが異なり、パドルシフトやパワーモードなどソルテラのみの機能も用意されている。

 エクステリアは、シームレスな造形のヘキサゴングリルでEVらしさやエネルギー効率の良さを表現した。グリルを起点とした水平軸が通ったボディーや、張り出したダイナミックなフェンダーでSUVらしい力強さを示したという。

ソルテラの外観デザイン[クリックで拡大] 出所:スバル

 AWDシステムは、前輪と後輪を別のモーターで駆動するEVならではのシステムとした。スバルで実績のある、4つのタイヤを緻密に制御する技術と、モーターの高い応答性や駆動力の前後配分を生かして、四輪のグリップ力を最大限に使った安心感のある走りを実現したとしている。従来のスバル車と同様に、悪路での安心感を高める「X-MODE」を採用した。悪路でも車両を安定させながら一定の速度での走行を可能にするグリップコントロールを追加することで走破性を強化した。

 ADAS(先進運転支援システム)は、スバルのEyeSight(アイサイト)ではなく、トヨタのシステムを搭載する。アイサイトをEVの電子プラットフォームに合わせるための開発が必要だったが、開発期間が不足した。今後、共同開発したEVプラットフォームでもEyeSight(アイサイト)を搭載できるよう検討していく。

ソルテラのインテリア[クリックで拡大] 出所:スバル

 スバルの中村氏はトヨタとのEV共同開発での収穫について、「EVはマーケットが立ち上がり始めた時期で、本格普及までの移行期間はアライアンスを活用してやっていくことが重要だと学ぶことができた。専用車でマーケットが成熟していない中に入っていくのは経営的には危険なことだと受け止めている。状況は難しいが、ある程度マーケットが成熟するまでの過程で判断していくことも必要だと学んだ」とコメントした。

 また、動力源がエンジンからモーターに変わってもスバルらしさを出せると手応えを感じているという。今回の共同開発の成果を土台にしたスバル独自のEV企画を進めていく上でも、EVならではの特徴やスバルらしい走りの発展につなげていくとしている。

 「いまはEV市場が形成される手前の段階で、EVのシェアは日本で1%、米国で3%未満だ。中国と欧州がそれよりも先行しているが、本格的に普及するまでは、アライアンスとの協業で協調領域として対応していくのが基本になるだろう。しかし、EVが普及し、EVだけになったときには競争領域が出てくる。それまではアライアンスを活用するが、いずれどこかでトヨタとも競争しなければならないときがくる」(中村氏)

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.