ニュース
» 2022年05月12日 13時00分 公開

自動化やIoT技術などを導入したGISの新工場が完成、生産能力を1.5倍に工場ニュース

日新電機の前橋製作所内に建設していたガス絶縁開閉装置の生産工場が完成し、順次稼働を開始した。製品を一貫して流せる生産ラインを構築しており、GISの生産能力を2018年度に比べて最大で約1.5倍に増強した。

[MONOist]

 日新電機は2022年4月5日、前橋製作所(群馬県前橋市)内に建設していたガス絶縁開閉装置(GIS)の生産工場が完成したと発表した。同月6日より、順次稼働を開始している。自動化、IoT(モノのインターネット)技術を導入したスマート工場で、今後、前橋製作所を皮切りにスマート工場の全社展開を図っていく。

キャプション ガス絶縁開閉装置の新工場 出所:日新電機

 新工場は約35億円を投資し、2021年2月に着工。鉄骨造、地上2階建てで、延床面積は約9800m2、建築面積は約7660m2となる。同社のGISは、世界最小クラスの超縮小形「XAE7」や、電力会社向け「GF7」、風力発電やメガソーラーの連系設備として数多く導入されている。

 建物や設備を刷新しており、工場内の物流効率を向上。製品を一貫して流せる生産ラインを構築し、GISの生産能力を2018年度に比べて最大で約1.5倍に増強した。

 また、動線やクレーン移動の削減、検査の自動化、主作業や付帯作業をSDGsの視点から改善し、電力使用量を1ユニット当たり約30%削減した。設備の導入により、SF6ガスも削減している。

 生産ラインには、ネットワークカメラを設置している。大型モニターを各職場に設置し、製品の製作状況や生産設備稼働状況を見える化した。IoTを積極的に導入することで生産性を高め、リードタイムを短縮する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.