IIFES2022 特集
ニュース
» 2022年01月25日 07時00分 公開

自作ロボットを3ステップで導入、制御できるロボットコントローラーFAニュース

オリエンタルモーターは、自作ロボットを3ステップで導入、制御できるロボットコントローラー「MRC01」を発売した。既存システムへの導入や連携、セットアップが容易にできる。

[MONOist]

 オリエンタルモーターは2022年1月5日、自作ロボットを3ステップで導入、制御できるロボットコントローラー「MRC01」を発売した。価格は22万円となっている(税別)。

 MRC01は、既存設備の制御システムを大きく変更せずに、自作ロボットを容易に追加導入できる。「初期設定」「動作プログラミング」「動作確認」の3ステップで、経験のない人でも自作ロボットを導入し、制御可能だ。

キャプション ロボットコントローラー「MRC01」 出所:オリエンタルモーター

 上位システムとの連携は、EtherNet/IPでダイレクトに制御でき、I/O接続(上位機器なし)でも動かせる。同社のステッピングモーター「αSTEP(アルファステップ)AZ」シリーズや、「AZ」シリーズを搭載したアクチュエーターとも接続できる。MRC01とAZシリーズのドライバ間は、RS-485通信で制御する。

キャプション ロボットコントローラー「MRC01」導入例[クリックで拡大] 出所:オリエンタルモーター

 プログラミングソフト「MRC Studio」を用いることで、自作ロボットの初期設定から動作プログラムまで、容易なセットアップに対応。ソフトは、同社Webサイトから無償でダウンロード可能だ。同社では、MRC01の購入前に操作感を試せるMRC Studio体験版も提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.