ニュース
» 2022年01月19日 15時00分 公開

オミクロン株とデルタ株を同時識別できる、新型コロナPCR検査キットを発売医療機器ニュース

カネカは、新型コロナウイルスのオミクロン株とデルタ株を同時に識別する、リアルタイムPCR検査キット「KANEKA RT-PCR Kit “SARS-CoV-2(Omicron /Delta)”」を発売した。

[MONOist]

 カネカは2022年1月7日、新型コロナウイルスのオミクロン株とデルタ株を同時に識別する、リアルタイムPCR検査キット「KANEKA RT-PCR Kit “SARS-CoV-2(Omicron /Delta)”」を発売した。希望小売価格は、検査100回分で12万1000円(税込)。

キャプション リアルタイムPCR検査キット「KANEKA RT-PCR Kit “SARS-CoV-2(Omicron /Delta)”」 出所:カネカ

→特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」

 独自の試薬を使用し、オミクロン株に特徴的な変異E484AとN856K、デルタ株に特徴的な変異L452Rを検出することで、オミクロン株とデルタ株を同時に識別する。2カ所のオミクロン株の変異を検出することで、高精度の検出が可能だ。

 同社は、感染症対策の研究開発を進めるインフェクション研究チームを立ち上げ、新型コロナウイルスに関する課題解決に取り組んでいる。これまでに、独自の検体前処理技術により1時間以内の結果判定を可能にした「カネカ Direct RT-PCRキットSARS-CoV-2」や、4種類の変異株を同時検出する「KANEKA RT-PCR Kit “SARS-CoV-2(L452R/E484Q/E484K/N501Y)”」を提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.