ニュース
» 2022年01月12日 15時00分 公開

空間中の新型コロナウイルスを99%不活化する紫外線照射技術を開発医療機器ニュース

富士通ゼネラルは、子会社のエアロシールドが開発した紫外線水平照射技術「n-UV技術」により、空間に浮遊する新型コロナウイルスのデルタ株を1分間で99%以上不活化することを確認した。

[MONOist]

 富士通ゼネラルは2021年12月23日、子会社のエアロシールド、日本繊維製品品質技術センターと共同で、空間に浮遊する新型コロナウイルスの不活化を実証したと発表した。紫外線水平照射技術「n-UV技術」により、デルタ株を1分間で99%以上不活化することを確認した。

キャプション 「n-UV技術」イメージ[クリックで拡大] 出所:富士通ゼネラル

→特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」

 n-UV技術は、エアロシールドが開発した空気環境対策技術となる。ウイルスや細菌のDNA、RNAに直接ダメージを与えられる紫外線を水平照射して、ウイルスや細菌を不活化する。

 人への影響を防ぐため、254nmの紫外線を紫外線専用反射板で効率よく反射させつつ、水平ルーバーにより下方照射を防止する。これにより、室内空間上部への水平照射を可能とした。

 新型コロナウイルスの主な感染経路は、無症状者を含む感染者の飛沫やエアロゾルの吸入と考えられている。エアロゾルは空気中にとどまり得るため、換気の不十分な環境では感染拡大のリスクがある。

 同社の研究では、エアロゾル粒子は口から出てから約20秒で天井に達することが明らかとなっている。また、米国疾病対策センター(CDC)は、換気が十分にできない環境での空気清浄方式の1つとして、紫外線の室上部照射を推奨している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.