ニュース
» 2021年12月28日 07時00分 公開

富士電機、システム事業拡大に向けてプラントシステム棟を新設工場ニュース

富士電機の東京工場に新設された「プラントシステム棟」が稼働を開始した。現地再現性を高めた検証システムを充実させており、プラントシステムの開発、生産体制を強化してシステム事業を拡大する。

[MONOist]

 富士電機は2021年12月14日、同社東京工場(東京都日野市富士町)に新設した「プラントシステム棟」が、同年11月より稼働を開始したと発表した。地上2階建てで、延床面積は約1万3030m2。新棟追加により、プラントシステムの開発、生産体制を強化し、システム事業を拡大する。

キャプション 東京工場 出所:富士電機

 同社では、顧客に応じて、監視制御システムや制御盤、電源盤などの製品を最適に組み合わせてプラントシステムとして構築し、提供している。プラントシステム棟では、新たに現地再現性を高めた検証システムを充実させた。顧客がプラントを早期に立ち上げて、稼働できるよう、システム上で顧客のプラントを再現、検証するほか、同社が複数の生産拠点で製造する製品を遠隔でネットワーク接続し、組み合わせる試験も実施する。

 また、多様なプラントに広く適用できるプラントシステムの標準プラットフォームを構築。顧客の要求仕様に応じて、プラットフォーム化したシステムに機器やソフトウェアを組み合わせて提供する。これにより、リードタイムを最大4割削減し、システムの品質と信頼性を高める。

 プラントシステム棟に設けられたコミュニケーションエリアでは、実際の製品や大画面モニターを用いて、プラントシステムを構成する製品やソリューションを紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.