ニュース
» 2021年11月09日 07時30分 公開

中国でEV用バッテリーをターゲットに保険やサービス、パナソニックと三井住友海上電気自動車

パナソニック、中国太平洋財産保険、三井住友海上火災保険は2021年11月8日、中国で電気自動車(EV)向けの新たな保険商品やサービスの提供や、新たな事業創出に向けて協力する協定を締結したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 パナソニック、中国太平洋財産保険、三井住友海上火災保険は2021年11月8日、中国で電気自動車(EV)向けの新たな保険商品やサービスの提供や、新たな事業創出に向けて協力する協定を締結したと発表した。

3社で協力協定を結んだ[クリックで拡大] 出所:パナソニック

 パナソニックや三井住友海上火災保険の中国法人と、中国太平洋財産保険は、EVを購入した企業や一般のユーザー向けに電池の安心、安全な使用を支えるサービスを付帯した専用の保険商品やサービスを提供する。将来的には、安心して取引できるEVの中古車市場の形成や、EV用バッテリーのリユースやリサイクルを含めた新たなエコシステムに取り組む。

 パナソニックは、EV用バッテリーの生産で培ってきた知見と、デジタル機器開発やAI(人工知能)技術のノウハウを統合した電池分析ソリューションを提供する。電池の状態を見える化することで、EV本体やバッテリーの適正な残存価値の算出をサポートする。バッテリーの異常の予兆を検知し、安心、安全に電池を使えるようにする。

 三井住友海上火災保険は、EVや電池に関する保険商品やリスクマネジメントサービスを提供する。また、中古のバッテリーを利活用する新たなビジネスに向けて、エコシステムの構築やリスクソリューション提供に取り組む。中国太平洋財産保険は、関連する保険商品やサービスの開発、販売によって自動車ユーザーのサービス体験を改善し、新エネルギー車市場の開拓や、国家戦略目標の実行を支援する。

 中国では、EV、プラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池車(FCV)を総称して新エネルギー車としており、グローバルでの新エネルギー車の保有量は中国が5割を占めているという。中国での今後のさらなるEVの普及拡大に向けてさまざまな期待が寄せられている一方で、電動車ならではの電池に関する故障や、トラブル時の原因特定、電池の劣化などが課題となっている。

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.