ニュース
» 2017年05月31日 08時00分 公開

パナのコネクティッドソリューションズ社が本社を東京に移転「門真発想は限界」製造マネジメントニュース(3/3 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

ファクトリーソリューション事業がプロセスオートメーション事業に

 AVCネットワークス社からCNS社となる際の大きな変更点は、B2C事業であるデジタルカメラ事業がアプライアンス社へ移行し、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社からファクトリーソリューション事業が移ったことになるだろう。

AVCネットワーク社とCNS社で扱う事業の違い AVCネットワーク社とCNS社で扱う事業の違い(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 CNS社に組み込まれたファクトリーソリューション事業は「ファクトリーだけを扱わない」(樋口氏)こともあって、プロセスオートメーション事業に名称を変更した。ファクトリーソリューション事業では、世界シェアトップの表面実装機を中核に電子機器の実装ラインのトータルソリューション提案に注力していたが、今後はその自動化ノウハウを非製造業にも展開していく。例えば、2016年12月に発表した店舗業務を自動化する「レジロボ」などだ。

プロセスオートメーション事業の目標 プロセスオートメーション事業の目標(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 この他、航空機向けシステムで高シェアを誇るアビオニクス、映像×音×光を軸としたメディアエンターテインメント、2017年4月に買収した物流支援のゼテス(Zetes Industries)やノートPCなどを柱とするモバイルソリューションズ、監視カメラなどを展開するPSSJ(パナソニック システムソリューションズ ジャパン)などが主力事業となる。

アビオニクス事業の目標メディアエンターテインメント事業の目標 アビオニクス事業(左)とメディアエンターテインメント事業(右)の目標(クリックで拡大) 出典:パナソニック
モバイルソリューションズ事業の目標PSSJの目標 モバイルソリューションズ事業(左)とPSSJ(右)の目標(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 樋口氏は「新たな価値を生み出す強い技術をバラバラにしておくではなく、顧客の困りごとを解決するソリューションに仕立てていく。それがパナソニックにしかできないことであれば、高い利益を確保できるようになるはずだ」と述べている。

新たな価値を生み出す強い技術をトータルでインテグレートしていく 新たな価値を生み出す強い技術をトータルでインテグレートしていく(クリックで拡大) 出典:パナソニック
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.