連載
» 2016年01月08日 18時00分 公開

「Raspberry Pi Zero」で自分だけのアメダス(的な測定器)を作ろう(4/5 ページ)

[作倉瑞歩,MONOist]

温度と湿度の自動記録を確認する

 追加できたら上書き保存せず、別名で保存しておきましょう。ここでは「bme280_csv.py」として保存しました。ではファイルを実行してみましょう。

pi@Raspberrypi:~ $ python ~/BME280/bme280_csv.py
2016/01/04,20:22 ,19.04 , 34.20,1009.79

 目的の通り、カンマ区切りでのテキストを吐き出せるようになりました。あとはこれをcrontabで定期的に回して、任意のファイルに保存するようにすればOKです。

pi@Raspberrypi:~ $ sudo crontab -e

 としてcrontabをエディットモードで起動したら、以下の行を加えます。

*/10 * * * * python /home/pi/BME280/bme280_csv.py >> /home/pi/BME280/bme280_kiroku.txt

 ここでは「kiroku.txt」へ10分おきに記録するようにしていますが、もちろん間隔は自由に決めて結構です。ここまで来てようやく、Raspberry Piにセンサーモジュールを取り付け、自動的にデータを記録するまでの仕組みを作り上げることができました。

 ところで今回ですが、先ほども述べたようにモバイルバッテリーを用いて記録するようにしています。ではその電池の持ちは、どの程度なのでしょうか。Raspberry Pi Zeroの消費電力は公表されていませんので、実際に測定してどの程度の持ちなのか計算することにします。

 USBの電流/電圧チェッカーを使って測定してみると、0.22A程度。つまり消費電力は、チェッカーの値を用いて計算すると「 4.86×0.22=1.07W 」程度であることが分かります。モバイルバッテリーは20Whの容量ですので、「20/1.07=約18.7h」となり、18時間程度なら持つことが分かりました。1日中記録することはできないようですが、半日の記録ならば可能なようです。無線LANアダプターの消費電力が0.4W程度ありますから、もう少し電池の持ちをよくしたい場合は、これを外すという選択肢もありますが、そうなると起動中の操作ができなくなってしまいますので、それでは意味がありません。

消費電力測定 電流/電圧チェッカーで測定してみた結果。ずっと眺めていると、アイドル時には0.15A程度ですが、crontabが起動する時には0.22〜0.25Aと、電流量が変化するのが分かります

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.