ニュース
» 2015年10月02日 14時30分 公開

使いやすさを追求した「SOLIDWORKS 2016」、国内ユーザー注目機能は?CADニュース(2/2 ページ)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2       

協働:ニーズが高まるPDM機能の強化

 続いての強化ポイントは、PDM(製品データ管理)だ。SOLIDWORKS 2016では協働作業を円滑に行うための機能強化がなされている。PDMをネットワーク経由でアクセスする際に使用するWebブラウザベースのツール「Web2」を用意。タブレット端末と組み合わせることで、さまざまな部門で図面や3次元資産を有効活用できるようになるという。また、表示や通知処理のパフォーマンス向上やインストーラーの統合などをPDM機能の強化トピックとして挙げた。

PDM機能の強化 PDM機能の強化ポイント(出典:ソリッドワークス・ジャパン) ※画像クリックで拡大表示

製造:3Dプリンタのための印刷プレビュー機能

 SOLIDWORKS 2016では、3Dプリンタ向けの機能がより強化された。前バージョンのSOLIDWORKS 2015で、OS環境が「Windows 8.1」であれば3Dプリンタへの直接印刷が行えるようになった。

 今回、SOLIDWORKS 2016の機能強化では、事前に3Dデータの問題点を見つけ出し、材料を無駄にしない3Dプリントが行えるようになったという。具体的には、積層解像度、造形テーブル上の位置・方向・スケール、サポート材が必要となる面などを、3Dプリントする前に確認・識別できるようになった。「ドキュメントやスライド資料などを印刷する際、『印刷プレビュー』で事前に印刷イメージを確認することがある。今回強化された機能は、3Dプリンタ専用の印刷プレビューといえる。今後、3Dプリンタの利用に欠かせない機能になるはずだ」(同社)。

3Dプリンタ向け機能強化 事前に3Dデータの問題点を見つけ出し、材料を無駄にしない3Dプリントが行えるようになった(出典:ソリッドワークス・ジャパン) ※画像クリックで拡大表示

ほしい3Dデータ、お気に入りのクリエータがきっと見つかる!!

3Dデータの閲覧やダウンロード、クリエータとの交流が全て無料で楽しめる! 3Dデータ共有コミュニティー「3Dモデラボ

3Dモデラボ

≫↑↑↑ 3Dデータはコチラ ↑↑↑≪


関連キーワード

設計 | SolidWorks | 3Dプリンタ | CAD | CADニュース


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.