特集
» 2015年08月18日 10時00分 公開

超大型やロータリーデルタなど、「Maker Faire Tokyo 2015」で見つけた個性派3DプリンタMaker Faire Tokyo 2015リポート(2/5 ページ)

[加藤まどみ,MONOist]

ディスペンサータイプのカートリッジも

 3Dプリント産業協会(香港)では、3DP Technologyの「Printer Robot II」と「スマートディスペンサーカートリッジ(インテリジェントヘッド)」のデモを行っていました。


チョコレートのディスペンサーカートリッジにも変更可能とのこと(写真はフィラメント供給) チョコレートのディスペンサーカートリッジにも変更可能とのこと(写真はフィラメント供給)
隣に展示していたのがペンプロッター。20年前のフロッピーディスクドライブ3つを使って組み立てたそうです 隣に展示していたのがペンプロッター。20年前のフロッピーディスクドライブ3つを使って組み立てたそうです

ロータリーデルタ型を提案

 RepRap Community Japanは「ロータリーデルタ」型の3Dプリンタを展示していました。従来の3本の外枠からアームが伸びるタイプではなく、中央からアームが出て内側に折れるようになっているため、小型化が可能です。しかも下の台もアームとリンクして逆方向に動くので、単純計算で移動距離が半分で済み、造形時間が短縮されるとのことです。

ロータリーデルタ型3Dプリンタはどこからも販売されていないだろうとのこと ロータリーデルタ型3Dプリンタは「どこからも販売されていないと思います」(説明員)とのことです

3Dプリンタの品質は悪い!?

 デルタ型3Dプリンタを展示していたのが、先ほども紹介した3Dプリンタ産業協会(香港)。香港のArrayZ社が製造し、日本のオレンジデザインが輸入・販売予定の「DELTA PRINTER」のデモを行っていました。主要部品を金属にしてガタつきを抑えることで、表面品質を確保しているそうです。

 「安かろう悪かろうの製品ばかりだと、『3Dプリンタの品質はこんなものだ!』というレッテルを貼られてしまいます。最低限の品質が確保できる3Dプリンタを提供することで、継続的にモノづくりをする人が増えてほしいと考えています」(説明員)。デルタ型の3Dプリンタは比較的高額のモノが多いですが、10万円台に抑えて販売したいそうです。

「DELTA PRINTER」 香港のArrayZ社が製造し、日本のオレンジデザインが輸入・販売を予定する「DELTA PRINTER」。積層ピッチは0.1mm、造形サイズは370×330×650mm
造形サンプル(1)造形サンプル(2) 「DELTA PRINTER」の出力サンプル ※画像クリックで拡大表示

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.