特集
» 2015年08月18日 10時00分 公開

超大型やロータリーデルタなど、「Maker Faire Tokyo 2015」で見つけた個性派3DプリンタMaker Faire Tokyo 2015リポート(4/5 ページ)

[加藤まどみ,MONOist]

夢のお布団型ゲーム

 ここからは、ファブリケーションツール以外の展示で筆者が注目したもの(面白い&おバカな展示)を紹介していきます。

 布団型コントローラー「寝るコン」を展示していたのが、EnterMakerのブース。コントロールの方法は“寝返り”と、かなり斬新です。マットレスの下に2つの感圧センサーが配置されており、枕元のスピーカーから音楽が流れ、上のスクリーンにゲームの映像が投影されます。特に子どもたちに大人気で、その日のうちに何度も通う子もいたそうです。「寝覚めの悪い人が目覚まし代わりに使うとよいかもしれません」(説明員)とのことでした。また逆に、眠りに誘う「ドリームエアライン」というゲームもデモを行っていました。

ゲーム「HA*NA*BI RUN」ではタイムとスコアが下に表示されます。ジャンプに成功すると花火が上がる演出もあり爽快です! ゲーム「HA*NA*BI RUN」ではタイムとスコアが下に表示されます。ジャンプに成功すると花火が上がる演出もあり爽快です!

自分の描いたモンスターで対戦!

 こちらも子どもに人気だった、ココノエによるインテル「Edison」を使った「召喚らくがきモンスターズ」。専用のカードにモンスターを描き、魔法の書に手をかざして対戦させます。

召喚らくがきモンスターズ魔法の書 魔法の書の左側に絵を描いたカードを置き、右のページでモンスターを動かします。パンチなどの攻撃や必殺技は声で入力! ※画像クリックで拡大表示

ヘボコンの水中版も開催!

 技術力に関係なくモノづくりは楽しい! という雰囲気が伝わってきたのが、デイリーポータルZとMaker Faire Tokyoによる「水ヘボコン」です。勝敗に絡んだ技術に凝ることができない分、別の技術がすごかったです!

水ヘボコン(1)水ヘボコン(2)水ヘボコン(3) (左)カワイイとの声が上がっていた、風船の空気で進むトマト/(中央)5人のダンサーがスポットライトを浴びて踊りまくるが、推進力とは無関係……/(右)ネズミがかじを取ったりするようです ※画像クリックで拡大表示

水ヘボコン(4)水ヘボコン(5)水ヘボコン(6) (左)ビジュアル面で群を抜いていたモモタロウ。いろいろと誤算も!?/(中央)そうめん流し……ではなく散布マシン? と浮き島/(右)あえて障害物に立ち向かうスイカ。唯一のひれ推進でした ※画像クリックで拡大表示

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.