• 関連の記事

「日産自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日産自動車」に関する情報が集まったページです。

なみえバーチャル商店街サービス:
VRでリアル店舗の商品を購入し配送 日産と凸版印刷などが実証実験
日産自動車と凸版印刷、NoMAラボは、福島県双葉郡浪江町の協力のもと、浪江町在住の住民を対象に「なみえバーチャル商店街サービス」の実証実験を開始した。(2022/1/25)

モビリティサービス:
タブレット端末で売り場を見ながら買い物、買った商品は乗り合いタクシーで届ける
日産自動車は2022年1月24日、凸版印刷やNoMAラボとともに、福島県浪江町の住民を対象とした買い物/宅配サービスの実証実験を実施すると発表した。(2022/1/25)

材料技術:
太陽光を青色の光に変換して光触媒の効率アップ、東工大と日産が人工光合成
日産自動車は2022年1月20日、人工光合成での光エネルギーの利用効率を高める光の短波長化材料(固体フォトンアップコンバージョン材)を東京工業大学と開発したと発表した。(2022/1/21)

蓄電・発電機器:
人工光合成の効率化へ前進、日産と東工大が太陽光の波長を変える新材料
東京工業大学と日産自動車らの研究グループが、人工光合成用光触媒の効率化に寄与する高性能なフォトン・アップコンバージョン(UC)の固体材料を開発したと発表。高効率かつ超低閾値でありながら空気中で安定という前例のない固体UC材料であり、次世代の脱炭素技術として期待される人工光合成の効率化に貢献できるという。(2022/1/21)

3台の新型フェアレディZにアツい視線 「東京オートサロン2022」日産自動車ブースレポ 限定KICKSやノート・オーテックver.など
日本仕様のZに大きな注目が集まりました。(2022/1/18)

電気自動車:
EVを再エネ100%で充電するシステム、日産が福島県で実用化を検証
日産自動車は2022年1月12日、福島県浪江町において、電気自動車(EV)の充放電を自律的に行う制御システムを活用し、EVの充電電力を再生可能エネルギー100%にする、エネルギーマネジメントシステムの実用化検証を開始すると発表した。(2022/1/18)

東京オートサロン2022で公開:
日産、新型「フェアレディZ」日本で公開 6月下旬から販売
日産自動車は1月14日、新型「フェアレディZ」を東京オートサロン2022で公開した。併せて特別仕様車の「Proto Spec」も発表した。(2022/1/14)

若者の車離れに一石:
日産が提案する次世代のEVとは? 5年間で2兆円を投資
トヨタ自動車がEVの世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。米テスラをはじめとして世界の自動車メーカーは一気に「EVシフト」を進めている。EVの先駆けである日産リーフを発売した日産自動車は、この潮流をどう見ているのかを取材した。(2022/1/6)

電子ブックレット(メカ設計):
【事例】トヨタ、日産のクルマづくりにおけるxR技術の実践活用
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、トヨタ自動車と日産自動車における「HoloLens 2」を用いたクルマづくりにおけるxR技術活用についてまとめた「【事例】トヨタ、日産のクルマづくりにおけるxR技術の実践活用」をお送りします。(2021/12/27)

電気自動車:
EVがカーボンニュートラルに貢献するための環境整備へ、日産が自治体の支援強化
日産自動車は2021年12月22日、自治体のカーボンニュートラル達成を支援するパートナーシップを締結したと発表した。住友商事や住友三井オートサービスとともに、EV(電気自動車)の導入やシェアリングによる地域の移動手段の脱炭素化と、再生可能エネルギー由来の電力の導入を支援する。(2021/12/23)

高根英幸 「クルマのミライ」:
旧車ビジネスが拡大するワケ レストアでクルマは新車状態に
日産自動車とその関連会社や部品メーカーが、30年乗り続け26万キロもの走行距離に達した日産シーマを8カ月かけてレストア作業を行い、新車のような状態まで復元したことが話題になっている。(2021/12/20)

自動車業界の1週間を振り返る:
販売好調で各所からの評価も高い、あのクルマに何が起きたのか
今週の気になるニュースといえば、三菱自動車と日産自動車で軽自動車の生産と販売を停止している件ですよね。日本経済新聞などが報じています。(2021/12/11)

電気自動車:
日産とJAXAが月面探査車のスタック防止に挑戦、駆動力制御は乗用車にも展開
日産自動車は2021年12月2日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同研究中の月面探査車(ローバ)の試作機を公開した。(2021/12/3)

製造・自動車業界DXフォーラム2021:
日産がMR技術活用で外観目視検査の作業習熟期間を半減、指導工数は9割減
オンラインイベント「製造・自動車業界DXフォーラム2021」において、日産自動車は「【日産自動車が進める生産現場のDX】 Mixed Realityを活用した早期作業習熟の実現」と題し、2021年10月に発表した「ニッサンインテリジェントファクトリー」の取り組みの1つである「MR(複合現実感)を活用した革新的作業指導」について紹介した。(2021/12/2)

「ウチもメタバースに参入してみるか」を成功させる3つのポイント 日産の事例から探る
メタバース、VRへの企業参入が相次いでいる。どうしたら既存のVRコミュニティーに受け入れられるのか。日産自動車の事例で紐解いた。(2021/12/1)

電気自動車:
日産は2028年に全固体電池を実用化、EVをエンジン車並みのコストに
日産自動車は2021年11月29日、オンラインで会見を開き、2030年度に向けた長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表した。(2021/11/30)

日産、全固体電池EVを28年販売 充電時間3分の1に
日産自動車は11月29日、長期ビジョン「アンビション2030」を発表し、次世代バッテリーである全固体電池を使った電気自動車(EVを投入)を2028年に市販する計画を明らかにした。(2021/11/29)

【狙うべきクルマたち】今こそ乗って欲しい、注目すべきセダン 4選(TOYOTA クラウン/NISSAN スカイライン/MAZDA マツダ3セダン/SUBARU インプレッサG4)
セダン好きなら思わずニヤリとしてしまう魅力を持つ、注目の4モデルを紹介。(2021/11/26)

11月24日から:
日産、セレナの特別自動車「XV エアロ」を発売 後付け窓フィルムでプライバシー確保も
日産自動車は、セレナの特別自動車「XV エアロ」の発売を発表した。セレナのXVグレードをベースに、外装の一部を刷新したモデルになっている。そのほか、オプション商品の窓フィルも販売する。(2021/11/24)

“おまとめ”カーシェアサービス、EVにも対応 ドコモの「dカーシェア」と「NISSAN e-シェアモビ」が連携
dカーシェアで日産のEVカーシェアも利用できるようになります。(2021/11/18)

スマートリテール:
EVにラーメン自販機、最新家電、「モノを売らない小売店」が渋谷に新店舗
b8ta Japanは2021年11月15日に、最新家電やガジェットなどを展示する米国発の体験型小売店舗「b8ta TOKYO Shibuya」をオープンすると発表した。日産自動車の新型クロスオーバーEV「アリア」などを置いている。(2021/11/16)

自動車大手、相次ぐ販売見通し引き下げ
自動車大手7社の令和3年9月中間連結決算が11日、出そろった。新型コロナウイルス禍で前年同期に落ち込んだ販売が回復したほか、円安も追い風となり、全ての社が増収。トヨタ自動車、ホンダ、スズキ、SUBARU(スバル)の4社が増益を確保し、日産自動車、マツダ、三菱自動車の3社が黒字に転換した。一方、東南アジアのコロナ感染再拡大による部品調達難や半導体不足で減産幅が拡大したことを踏まえ、通期の世界販売見通しを下方修正する動きが相次いだ。(2021/11/12)

電気自動車「日産アリア」を展示:
日産、バーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING」公開 新車発表会も予定
日産自動車が、VRメタバース上にバーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」を公開している。(2021/11/8)

匠の技をデジタルで再現する新しい「日本のものづくり」 日産の最新インテリジェント工場がすごいことになっていた
テクノロジージャーナリスト西川善司氏が日産自動車の栃木工場が「Nissan Intelligent Factory」を取材した、渾身のレポート。(2021/11/5)

日産、人気オプションを付けたノートの特別仕様車「Airy Gray Edition」を発売
日産自動車は「ノート」の特別仕様車「Airy Gray Edition」を11月4日に発売した。人気の高いXグレードとX FOURグレードをベースに、新内装色を加えた。価格は2WDが262万9000円、4WDが288万7500円。(2021/11/4)

日産、メタバースに展示場オープン VRChat内に銀座店舗を再現
日産自動車が、銀座に実在する展示場「NISSAN CROSSING」をVR空間に再現し、バーチャルギャラリーとして公開した。電気自動車を展示する他、今後は新車発表会や講演などを開催する。(2021/11/4)

材料技術:
「大気の窓」で冷える放射冷却メタマテリアル技術、日産が純正アクセサリーに採用
日産自動車が放射冷却素材の「Radi-Cool(ラディクール)」を、自動車メーカーとして初めて純正アクセサリーに採用した。全国の日産自動車の販売店において、ラディクールを使用した「サンシェード」「カーサイドタープ」「ハーフボディカバー」を「キックス」向けに発売。今後対象車種を拡大していく予定だ。(2021/11/4)

限定500台:
汚れたまま乗り込めるアウトドア向け特別使用車 日産、「キックス コロンビアエディション」発売 
日産自動車はコンパクトSUV「キックス」の特別仕様車「キックス コロンビアエディション」を同日より販売すると発表した。(2021/11/2)

日産自動車が「家族の思い出調査」を実施 「思い出が減っている」と感じる瞬間は?
日産自動車は、3歳から小学生の子どもを持つ男女600人を対象に、「家族の思い出調査」を実施。(2021/10/19)

スマートファクトリー:
PR:「生産技術のインテリジェント化」を目指しIoTネットワークを構築した日産自動車
最先端の技術で「クルマの未来」を提案し続ける日産自動車。同社は、新型クロスオーバーEV「日産アリア」の新開発パワートレイン生産ラインにおいて、IoTを活用した生産技術の革新に取り組んでいる。このIoTを制御するネットワークに採用されているのがシスコシステムズの製品だ。IT(情報技術)とOT(運用技術)を融合させた新たなネットワークは、次世代のクルマづくりのコンセプト「ニッサン インテリジェント ファクトリー」を実現する上で欠かせないインフラとなっている。(2021/10/11)

半導体不足が日系自動車大手の中国販売直撃 9月はトヨタ、ホンダ、日産軒並みマイナス
【北京=三塚聖平】トヨタ自動車が11日に発表した中国市場における9月の新車販売台数は、前年同月比35.9%減の11万5千台だった。主に世界的な半導体不足による影響を受けた。同日に発表したホンダと日産自動車も前年実績を大きく下回った。好調が続いてきた中国自動車市場の変調が鮮明になっている。(2021/10/12)

電気自動車:
電動車100%へ330億円を投資した日産・栃木工場、開発中の燃料電池は定置用で活躍
日産自動車は2021年10月8日、330億円を投資して栃木工場(栃木県上三川町)に導入した次世代の自動車生産の取り組み「ニッサンインテリジェントファクトリー」を公開した。日産自動車 執行役副社長の坂本秀行氏は「複雑かつ高度なクルマをつくるための、変動に強い生産現場と生産技術は明日の日産の飛躍の要になる」と生産領域に投資する重要性を語る。(2021/10/12)

10月7日から販売:
日産、ノート「AUTECH CROSSOVER」を発表 253万7700円から
日産自動車と関連会社であるオーテックジャパンは10月7日、ノート「AUTECH CROSSOVER」を発表した。同日から全国一斉に販売する。(2021/10/7)

近江牛に舌鼓……! 日産自動車が「リアル人生ゲーム」を実施 東海道を舞台に豪華グルメやアクティビティを体験
マス目には利き茶、熱気球、近江牛などさまざまな「体験」が!(2021/10/6)

電気自動車:
日産が中国でe-POWERを初導入、2025年までにシルフィ含め6車種で搭載
日産自動車は2021年9月29日、中国(天津)国際自動車展示会において、中国向けのハイブリッド車(HEV)「e-POWERシルフィ」を公開した。(2021/9/30)

10月下旬より販売:
日産、「NISSAN GT-R」2022年モデルを発表
日産自動車は「NISSAN GT-R」2022年モデルを発表した。販売は10月下旬から。また、特別仕様車も発表。販売台数は100台限定だという。(2021/9/14)

モビリティサービス:
日産が3回目の移動サービス実証実験、「商用化に向けた前進」がテーマに
日産自動車は2021年9月9日、モビリティサービス「Easy Ride」の3度目の実証実験を実施すると発表した。期間は9月21日〜10月30日で、事前に募集したみなとみらい(横浜市西区)の在住者や在勤者200人が乗客として参加する。車両は「eNV200」を4台使用。乗降地点を前回の実証実験から8カ所増やして23カ所とし、利便性を高める。(2021/9/10)

電気自動車:
使用済みモーターからのレアアース回収時間を半減、日産と早稲田大学
日産自動車と早稲田大学は2021年9月3日、電動車のモーター用磁石からレアアース化合物を効率的に回収するリサイクル技術を開発したと発表した。従来は手作業でモーターを分解して磁石を取り出すため、まとまった個数の処理には時間がかかっていた。開発技術では、作業時間を50%削減できる。(2021/9/6)

出光・日産、EV充電に料金変動制 11月から実証事業
 出光興産は日産自動車などと組み、指定された時間帯に電気自動車(EV)に充電すると、事前に示した割引額を電気料金から差し引くサービスの実証事業に11月から乗り出す。需給状況に応じて価格が変動する「ダイナミックプライシング」の仕組みを活用し、電気をためる蓄電池などの「分散型エネルギー源」の有効活用につなげる。(2021/8/31)

三菱自動車との共同プロジェクト:
日産自動車、軽クラスの電気自動車を2022年初頭に発売
日産自動車は、軽クラスの電気自動車を2022年初頭に発売すると発表した。どのような特徴があるのだろうか?(2021/8/27)

車両デザイン:
新型フェアレディZは米国で2022年春発売へ、240台の限定生産モデルも
日産自動車は2021年8月18日、米国市場で2022年春に発売する「Z」(日本名フェアレディZ)を披露した。これまで、プロトタイプを通して内外装のデザインやエンジン、車両サイズ、タイヤサイズについてのみ公表されていたが、グレードやトランスミッションなどの詳細についても発表した。日本市場向けの新型フェアレディZは2021年冬に発表を予定している。(2021/8/19)

7代目:
日産、新型「Z」世界初公開 日本仕様は今冬発表
日産自動車が、米ニューヨークで開催された特別イベントで米国市場向けモデルの新型「Z」を初公開した。(2021/8/18)

電気自動車:
日産ノート オーラにNISMOモデル、ドライビングシミュレーターで作り込み
日産自動車は2021年8月17日、同年秋に発売する「ノート オーラ NISMO」を発表した。「ノート」には現在NISMOモデルを設定していないが、ノート オーラはノートよりも全幅が大きくスポーツモデルに向くことから、シリーズとして最高性能を求められるNISMOモデルを開発した。税込み希望小売価格は286万9900円。(2021/8/18)

電動化:
カーボンニュートラル達成に向けた日産自動車の現在地
日産自動車は2021年7月30日、ESGの各領域に関する取り組みを紹介する年次活動報告書「サステナビリティレポート2021」を公開した。本稿では環境問題に対する同社の取り組みを抜粋して紹介する。(2021/8/5)

製造マネジメントニュース:
黒字回復で日産は輝きを取り戻せるか、内田社長「ここから真価が問われる」
日産自動車が2021年度(2022年3月期)第1四半期(4〜6月期)の連結業績を発表。売上高は前年同期比71%増の2兆82億円、営業利益は同2296億円改善の757億円、経常利益は同3226億円改善の903億円、当期純利益は同4001億円改善の1145億円とコロナ禍の影響を大きく受けた前年同期から大幅な回復を遂げた。(2021/7/29)

電気自動車:
日産がプロドライバーの脳機能を研究、脳を刺激してパフォーマンス向上を目指す
日産自動車は2021年7月14日、フォーミュラEのドライバー向けに、脳機能や脳構造の研究を基にしたトレーニングを開発すると発表した。日産e.damsのドライバーであるオリバー・ローランド氏とセバスチャン・ブエミ氏を対象とする。(2021/7/15)

今秋にも発売:
日産、「ノート オーラ」発表 内装と外装で“高級感”演出
日産自動車が「ノート」をベースとしたプレミアムコンパクトカー「ノート オーラ」を秋に発売すると発表した。(2021/6/15)

電気自動車:
日産の新型EV「アリア」、2021年冬から日本向け限定仕様車で販売スタート
日産自動車は2021年6月4日、SUVタイプの電気自動車(EV)「アリア」の日本専用限定仕様車を発表した。また、アリアの予約サイトを同日に開設し、オンラインでの予約注文の受付も開始した。(2021/6/7)

電気自動車:
日産と三菱自のNMKVが10周年、軽EVで引き続き連携
日産自動車と三菱自動車は2021年6月1日、共同出資会社のNMKVが設立10周年を迎えたと発表した。両ブランドによる販売台数は10年間で累計152万台を達成。現在、NMKVと日産、三菱は電気自動車(EV)のプロジェクトを推進中で、三菱自動車はこれに合わせて新型軽EVの生産に向けて水島製作所に80億円を投資する。(2021/6/2)

製造IT導入事例:
日産自動車はいかにしてPLMを整備したのか
アラスジャパンは2021年4月20〜22日の3日間、年次イベントである「Aras Community Event(ACE 2021)」をオンラインで開催。その中で、日産自動車が「Aras Innovatorによるエンジニアリングプラットフォーム戦略及び活用事例」をテーマに事例講演を行った。本稿ではその内容を紹介する。(2021/6/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。