• 関連の記事

「合併」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「合併」に関する情報が集まったページです。

半径300メートルのIT:
「個人が取得したドメイン」の“終活”を始めてみた
インターネット普及期には大きなメリットがあった独自ドメインの取得ですが、「Gmail」などの使い勝手がいい無償の電子メールサービスが登場してからはあまり魅力がなくなってきています。今回は個人で取得したドメインの“終活”についてお話ししましょう。(2022/8/9)

社長の会見対応は一部で絶賛も:
KDDIとみずほ銀行、2つの障害に3つの類似点 根幹にある問題とは
KDDIで発生した大規模通信障害。みずほ銀行で発生したシステム障害と比較し、類似点とともに背景にある問題を考察した。(2022/8/7)

Social Media Today:
Twitter vs. イーロン・マスク氏 買収撤回を巡る訴訟合戦で最後に笑うのは誰?
Twitterを440億ドルで買収することで合意していたイーロン・マスク氏が契約の白紙撤回を主張。このことを巡り、両者間で訴訟合戦が勃発している。争いの行方はどうなるのか。(2022/8/5)

攻撃者視点で脅威から保護 Microsoftが2つのセキュリティ製品を発表
Microsoftは、新たな脅威インテリジェンスと攻撃対象領域管理に向けたソリューション「Microsoft Defender Threat Intelligence」と「Microsoft Defender External Attack Surface Management」を発表した。(2022/8/4)

子どもがばあちゃんにもらった“えげつないそろばん”が話題 下段が5つ玉で見慣れぬ屋号入りのレアものにTwitterで情報続々
物持ち良すぎ……!(2022/8/1)

金融業界を揺るがす可能性:
SMBCとSBIの“似たもの提携”、見え隠れする「力技」と「したたかさ」の戦い
三井住友フィナンシャルグループが、SBIホールディングスに約800億円を出資し、業務提携すると発表した。この発表は、単純に銀行、証券それぞれの業界をリードする企業同士の業務提携成立という事実にとどまらず、各業界内の序列や既存の提携関係にも影響を及ぼし、再編につながる可能性がある。(2022/7/31)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「大阪王将」勘違いで「餃子の王将」株価も下落? 意外と多い「とばっちり」事例をまとめてみた
「大阪王将」の不祥事につられて、「餃子の王将」の株価も下落している。これが「自業自得」の場合はまだいいが、市場では社名が似ているばかりに「とばっちり」で風評被害に遭う事例が後を絶たない。(2022/7/29)

急成長する「ハイパースケールデータセンター」【後編】
大手もデータセンター需要に降参? M&Aや投資に起きた“ある変化”とは
大規模な電力容量と広大なスペースを提供する「ハイパースケールデータセンター」に興味深い変化がある。加熱する需要が引き起こしたM&Aや投資の動向とは。(2022/7/27)

ゼロトラストを採用するも半分が失敗する――2023年以降のサイバーセキュリティを占う「8つの仮説」
ガートナーは、2023年以降に企業のセキュリティに影響を与え得るサイバーセキュリティに関する8つの仮説と対策を発表した。幹部の業績評価におけるサイバーリスクマネジメント能力の重要性など、サイバーセキュリティに関連する変化を同社アナリストはどう見るのか。(2022/7/27)

香川照之の息子・市川團子、大人の色気かもす18歳へと変身 「すっかり精悍な顔立ちの好青年に…」
もう成人か……。(2022/7/21)

スピン経済の歩き方:
「中小企業淘汰論」はなぜ“炎上”しにくくなったのか 日本に残された時間
「中小企業は減らしたほうがいいよ」――。こうした「中小企業淘汰論」を掲げても、ネット上で炎上しにくくなっている。数年前であれば、すぐに燃えていたのに、なぜ話題になりにくくなったのか。背景にあるのは……。(2022/7/19)

広島「もみじ弁当」(1100円):
広島の名物幕の内駅弁「もみじ弁当」の製造に密着
もみじ饅頭〜だけでなく、長年販売される駅弁も広島名物。おいしそうなもみじ弁当の製造現場に潜入しました。(2022/7/16)

BEVで勝負:
アウディが仕掛けるEVとSDGs戦略 次世代パワートレインはEVで確定
アウディは2026年以降に全世界で発表するモデルは全て電気自動車で、33年を最終期限として内燃エンジンの生産は段階的に廃止する。岡山県真庭市で実施したツアーの様子と共にEVとSDGs戦略をひもとく。(2022/7/15)

いよいよ放送開始、アニメ「5億年ボタン」菅原そうた監督インタビュー 今も語られ続ける伝説的漫画は“原作者本人”の手でどう生まれ変わったか
トレパネーション、スワンプマン、哲学的ゾンビ、水槽の脳……出てくる単語にゾクゾクさせられます。(2022/7/14)

日本HPの岡隆史会長が退任 10月31日付
日本HPが7月13日、10月31日付で岡隆史(おか たかふみ)会長が退任すると発表した。(2022/7/13)

起業者「1万人創出」を掲げる官民連携プラットフォームが発足 なぜ1社の「ユニコーン」より「起業層拡大」を狙うのか
起業希望者を支援する官民連携のプラットフォーム「NOROSIスタートアップハブ」が発足した。同取り組みが有望な起業希望者への集中投資による「ユニコーン」輩出ではなく、起業を目指す層の拡大をかかげるのはなぜか。(2022/7/13)

デジタルマーケティングにとどまらない「CDP」の可能性【前編】
「CDP」(顧客データプラットフォーム)活況の謎 “あのベンダー”もM&A参戦
M&Aや資金調達が活発化するなど、大きく動いている「CDP」(顧客データプラットフォーム)市場。何が起きているのか。これまでの動きを振り返る。(2022/7/6)

製品開発ストーリー:
aiwaブランドのデジタル機器が今夏発売――開発したJENESISに聞く舞台裏
受託開発・製造業のJENESISはaiwaブランドによるデジタル機器の製造および販売を発表した。スマートフォン、スマートウォッチ各1機種とタブレット端末4機種を2022年8月から販売開始する。IoT業界の黒子として知られる同社がaiwaブランドを獲得した経緯や開発の舞台裏について取材した。(2022/6/30)

OSSコミュニティーとの架け橋に:
日本企業にも広がるOSPO、サイバートラストが設立した理由は
サイバートラストが、オープンソースプログラムオフィス(OSPO)を社内に設立したと発表した。電子認証、IoT、Linuxを事業の3本柱とする同社はOSPOについて、これまで自発的に行われてきたOSS活動を、組織として正式に支援する狙いがあるとしている。(2022/7/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナの淡路島移転計画はどうなっている? 家族で引っ越した社員が語ったリアルな日常
パソナが着々と社員の淡路島移住を進めている。実際に働いている社員はどういったことを考えているのか。現地で増えている商業施設の状況も取材した。(2022/7/2)

「aiwaデジタル」誕生 Androidスマホ、Windowsタブレット、スマートウォッチなどを投入へ
JNSホールディングス傘下のJENESISが、アイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得した。「aiwaデジタル」シリーズとして、Androidスマートフォン/タブレット、Windowsタブレット、IP67対応のスマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

新生「aiwaデジタル」誕生 8月にAndroidスマホ/タブレット、スマートウォッチを投入
JENESISが6月29日、オーディオメーカーのアイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得したことを発表した。2022年8月(予定)から、新生「aiwaデジタル」シリーズの製品を順次販売する。第1弾商品として、フラグシップのAndroidタブレット、スマートフォン、スマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

消費者のプライバシー権への対応も重要に:
企業の60%がゼロトラスト採用へ、しかしメリット享受は? Gartnerがセキュリティ将来予測
Gartnerによれば、消費者のプライバシー権への対応や、SSEプラットフォーム戦略などの8項目が、2023年までにサイバーセキュリティ関連で重要になるという。(2022/6/28)

「お産だ〜!!!」「(ええええ)」 “予定日一カ月前の出産”を淡々と描くレポート漫画に「感動した」「泣きながら大笑いした」の声
初めての出産はわからないことだらけ。(2022/6/26)

「第4のメガバンク」構想の行方は:
“限界地銀“を食い物に? SBI「地方創生トライアングル戦略」の中身の薄さ
SBIホールディングスの北尾吉孝社長が5月の決算発表の席上、新生買収の大きな目的でもある“限界地銀”再生策としての「地方創生トライアングル戦略」を公表した。内容とともに、浮き彫りになったSBIの思惑を考察する。(2022/6/25)

EV化 動く関西企業 エンジン消えるかも…… 揺れる町工場「すぐには変われない」
脱炭素で注目を浴びるEVだが、一方でエンジンが不要になるなど、従来のガソリン車に比べ製造に必要な部品が減るため、部品を納入する中小を中心とした関西のモノづくり企業も事業の見直しを迫られるケースが出てきた。(2022/6/23)

3Dプリンタニュース:
製造領域での3Dプリンタ活用に向けて舵を切るストラタシス、CEOが戦略説明
米Stratasysの日本法人であるストラタシス・ジャパンは、Stratasys CEOのYoav Zeif(ヨアブ・ザイーフ)氏の来日に併せて、東京本社でメディアラウンドテーブルを開催。Stratasysの事業戦略や日本市場での展開について説明した。(2022/6/23)

Broadcomがエンタープライズソフトウェア領域に突然の移行? VMwareの顧客が抱く疑問とは
BroadcomはVMwareの研究開発に投資するのか、それとも「ドル箱」を探しているのか。アナリストの予測から読み解く。(2022/6/20)

ふぉーんなハナシ:
何が変わる? ドコモのSIMカードを「水色」から「緑色」にしてみた
この4月から、NTTドコモのnanoUIMカード(nanoSIMカード)の色が変わりました。色以外に変わったポイントはあるのでしょうか……?(2022/6/17)

スタンドアロン5Gを展開:
Dish Networkが5Gを開始、全米カバー率20%を目指す
Dish Networkが2022年5月、米国ネバダ州ラスベガスにおいて、ようやく国内5G(第5世代移動通信)市場への参入を実現した。しかし、これはやっと最初のハードルを越えたにすぎない。発展途上の5G事業者である同社が、米国全土で5Gネットワークの実現を目指していくためには、まだクリアしなければならない障壁が数多く残っているためだ。(2022/6/14)

ヤマダがドリーム・アーツの「SmartDB」を導入 年間で約300時間を削減
ヤマダホールディングスはドリーム・アーツのクラウドサービス「SmartDB」を導入し、年300時間程度の作業時間を削減した。同サービス採用の決め手は何か。(2022/6/13)

Twitter、イーロン・マスク氏に“firehose”(全公開ツイートデータ)提供か──Washington Post報道
Twitterはイーロン・マスク氏にfirehoseへのアクセスを提供すると報じられた。マスク氏は「botの正確な割合を調べるデータを提供しなければ買収を中止するかもしれない」とTwitterに警告した。firehoseは膨大なツイートのデータだ。(2022/6/9)

メルカリ、東証プライム市場へ移行「国内外知名度向上」
フリーマーケットアプリなどを展開するメルカリの山田進太郎社長は7日、同日付で東京証券取引所のグロース市場からプライム市場へ上場区分が変更となったことについて、「社会的信用の獲得や国内外の知名度向上、取引先の拡大、優秀な人材の採用が可能になる」と意義を語り、グローバル展開を加速させる意向を示した。(2022/6/8)

イーロン・マスク氏、「Twitterがbot情報を提供しないなら買収しない」とCLOに書簡
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏が、Twitterが契約に違反するなら買収をとりやめる可能性があると公式書簡で警告した。botアカウントの割合を示すデータの要求をTwitterが拒否しているとマスク氏は主張する。(2022/6/7)

見直し:
日本の製造業に「国内回帰」の波、流れは逆転したのか
中国やロシアなど安全保障上のリスクや、感染症などへの対応、為替の円安基調を背景に、日本の製造業の「国内回帰」や「国内強化」が進んでいる。10年ほど前までの「超円高」時代には生産拠点を海外に移し、空洞化が進んだが、流れは逆転したのか。(2022/6/6)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
ソニーよりもアップルよりも任天堂よりも ゲームで最も儲けている企業は?
大手プレイヤーの寡占状態となっているゲーム市場。その中で、日米の有名企業を抑えてトップの座を占めたのは……?(2022/6/6)

パナソニック、空調や家電に3650億円投資 上海封鎖90億円影響
パナソニックホールディングスは、2022〜24年度にかけて、空質空調事業の海外拠点強化や白物家電の国内製造ライン増設などに3650億円超を投資する。コスト構造の改革で800億円、国内家電や海外空調などの価格改定で500億円の収支改善を図る。(2022/6/3)

アナリストからは懸念も:
BroadcomがVMwareを610億ドルで買収へ
2022年5月、新たに大規模な買収案件が登場した。Broadcomが、VMwareを610億米ドルで買収するという。(2022/5/31)

SAP顧客の悩み
なぜS/4HANA移行が進まないのか SAPユーザー会が発表した問題とは?
非常に多くのSAP顧客がS/4HANAへの移行に際して困難な状況を経験しているという。SAP顧客は何に悩んでいるのだろうか。(2022/5/31)

TechTarget発 世界のITニュース
HPがビデオ会議のPolyを買収 “ハイブリッドワークの主役”になれるのか?
HPは、ビデオ会議システムを手掛けるPolyを買収する。テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が注目を浴びる中、HPはPoly買収で何を目指すのか。(2022/5/30)

マスク氏支持のTwitterの取締役、株主投票で再任否になるも再任することに
Twitterの株主総会の投票で再任に必要な過半数を取れなかったSilver Lake幹部のイーゴン・ダーバン氏が再任することになった。再任の条件は、ダーバン氏が取締役を務める上場企業を5社に減らすこと。同氏はイーロン・マスク氏による買収取引の立役者だ。(2022/5/28)

NTTぷらら、NTTドコモとの事業統合後もサービスはほぼ継続 「dポイント」付与も
NTTぷららは26日、NTTドコモによる吸収合併後もサービスはほぼ全て継承され、利用者は手続きなしで継続できると発表した。「ひかりTV」は毎月の利用料金支払いに「dポイント」を付与する。(2022/5/26)

月額1100円から:
NTTドコモが新しい「ひかりTV」を7月1日から提供 利用料金に対して「dポイント」を付与
NTTドコモとNTTぷららが合併することに伴い、ひかりTVの提供主体が7月1日からNTTドコモに変更される。そのことに伴い、同日からひかりTVのプランが一新されることになった。新プランでは付与されるポイントが「ぷららポイント」から「dポイント」に変更される他、2年間の定期契約が廃止される。(2022/5/26)

広島県在住者が「住み続けたい駅」ランキング、2位は「広大附属学校前」 1位は?
調査対象者は広島県内在住の20歳以上の男女。(2022/5/25)

自治体が本気で取り組むマーケティング活動 「メンマ爆売れ」の裏で市役所職員は何を仕組んでいたか
最先端のマーケティング施策を自治体が駆使することは可能だろうか。福岡県糸島市が示したのは、データを駆使すれば街の活性化は不可能ではないという事実だ。(2022/5/26)

電動化:
デンソーに続きルネサスも車載用パワー半導体を国内生産、投資額は900億円
ルネサス エレクトロニクスは2022年5月17日、2014年10月に閉鎖した甲府工場(山梨県甲斐市)に900億円の設備投資を行い、2024年からIGBTやパワーMOSFETを生産すると発表した。EV(電気自動車)など電動化で需要が急拡大することに対応して、パワー半導体の生産能力を強化する。(2022/5/18)

NasdaqがAWSを採用する理由【後編】
NasdaqのCIOが語る クラウドを無駄にする“悪習”とは
クラウドサービスへの大規模なシステム移行をスムーズに進めるには、どの作業から始めるべきなのか。AWS移行を進めるNasdaqのCIOが、クラウドサービス移行の前に検討すべきポイントを説明する。(2022/5/16)

三菱地所ハウスネット、国産iPaaSの活用でデータ連携基盤の構築を内製化 賃貸業務を効率化
三菱地所ハウスネットは、賃貸業務の効率化に向け、国産のiPaaS「DataSpider Cloud」を導入し、不動産テックを支える各種クラウドシステム間の柔軟なデータ連携基盤を自社開発した。(2022/5/13)

日本カーリング界の歴史を変えた:
ロコ・ソラーレ本橋麻里代表に聞く「ゼロから強い組織を作る方法」
北京冬季五輪のカーリングで銀メダルを獲得したロコ・ソラーレ。本橋麻里代表理事が、ITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じた。「起業家中の起業家」と表現しても大げさではない本橋代表に、ゼロから強い組織を作る方法を聞く。(2022/4/23)

わずか1年足らずで:
日本電産・永守氏CEO復帰 「後継者不在」また振り出しに
日本電産が21日、永守重信会長のわずか1年足らずでのCEO復帰を発表した。同社の積年の課題だった「後継者不在」はようやく解決の道筋がついたと評されたが、また振り出しに。(2022/4/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。