デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2024年01月26日 09時00分 公開

自動運転車用シミュレーター「DRIVE Sim」と「AVxcelerate Sensors」を統合CAEニュース

Ansysは、NVIDIAのAV(自動運転車)用シミュレーター「NVIDIA DRIVE Sim」と同社の「Ansys AVxcelerate Sensors」の統合を発表した。DRIVE Simユーザーは、AVxcelerate Sensorsで生成したセンサーシミュレーション出力へのアクセスが可能となる。

[MONOist]

 Ansysは2024年1月4日、NVIDIAのAV(自動運転車)用シミュレーター「NVIDIA DRIVE Sim」と、同社の「Ansys AVxcelerate Sensors」の統合を発表した。今回の統合によりNVIDIA DRIVE Simユーザーは、同年第1四半期から、Ansys AVxcelerate Sensorsで生成したセンサーシミュレーション出力にアクセス可能になる。

 NVIDIA DRIVE Simは、ソフトウェアプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」で動作するシナリオベースのシミュレーターだ。AV開発向けの仮想試験場を構築し、カメラやLiDAR(Light Detection and Ranging、ライダー)、レーダーセンシング、制御システムの動作検証を実施できる。

 Ansys AVxcelerate SensorsがNVIDIA DRIVE Simからアクセス可能になることで、高い予測精度を持つAnsysの物理ソルバーを、NVIDIAの3D仮想世界にシームレスに統合できる。これにより、NVIDIA DRIVE Simの3D環境を強化し、ADAS(先進運転支援システム)やAV知覚開発を向上させることができる。

 AVxcelerate Sensorsライセンスを持つNVIDIA DRIVE Simユーザーは、時間とコストを低減しながら、AV知覚システムのパフォーマンスを開発、トレーニング、テスト、検証可能になる。また、NVIDIA Omniverseを使用することで、OpenUSDベースの3Dワークフローを開発できる。スケーラブルなシミュレーションの構築に加え、AI(人工知能)モデルのトレーニングに向けたデータファクトリーとしても機能する。

 NVIDIA Omniverseを利用し、独自の合成データ生成パイプラインを構築して、搭載されたコンピュータビジョンモデルを訓練するアノテーションデータを生成できる。この統合ソリューションにより、重要な環境インタラクションを制限なくテスト、検証するプレイグラウンドを得ることができ、技術開発の促進を図れるとしている。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.