ニュース
» 2024年01月11日 10時30分 公開

製造現場の人や物の位置情報を自動マッピング キヤノンがRFIDシステム発売製造業IoT

キヤノンは、RFIDタグを利用して人や物の位置情報を自動マッピングする「Canon RFID 位置情報ソリューション」を、2024年1月に発売する。

[MONOist]

 キヤノンは2024年1月上旬に、RFIDタグと独自開発したRFIDリーダーを利用して製造現場などでの人や物の位置情報を自動マッピングする「Canon RFID 位置情報ソリューション」を発売する。RFIDリーダーは特定小電力規格に対応しており、正面方向の半径3〜4mの読み取りができる。

 同ソリューションは、人や物に装着したRFIDタグの情報をRFIDリーダーが自動的に読み取り、位置を自動的にマッピングする。位置情報を把握、分析することで適切な配置や管理が可能となり、製造現場などの生産性向上に寄与する。

キャプション 「Canon RFID 位置情報ソリューション」の概念図[クリックで拡大] 出所:キヤノン

 今回、同社は可搬型と固定型の2種類のRFIDリーダーを開発した。

 可搬型のサイズは80.5×142.5×20.3mm。小型軽量で、人が装着して巡回しながら位置情報を把握する場合に適している。充電式で、連続使用時間は約10時間。

可搬型RFIDリーダーとスマホの大きさの比較[クリックで拡大] 出所:キヤノン

 固定型のサイズは150×185×55mm。常時給電が可能で常に人が通過する出入口などに設置して監視する際などに使用する。アンテナ一体型で設置作業も容易だ。

 収集したデータはAPI経由で外部連携もできる。また、RFIDタグが複数の会社や拠点にまたがって移動しても対応できるプラットフォームを構築した。

固定型RFIDリーダーの使用イメージ[クリックで拡大] 出所:キヤノン

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.