ニュース
» 2023年12月13日 11時30分 公開

製品全体の約40%で再生プラを採用した掃除機をパナが発売コンシューマー製品×再生材料

パナソニックは、再生プラスチック材を採用したクリーンドック搭載のセパレート型コードレススティック掃除機「MC-NS10KE」を2023年12月6日に発売した。

[遠藤和宏MONOist]

 パナソニックは2023年12月6日、独自のクリーンドック搭載のセパレート型コードレススティック掃除機シリーズで、環境に配慮したモデル「MC-NS10KE」を同日に発売することを発表した。MC-NS10KEは主にパナソニック公式通販サイト「Panasonic Store Plus」で販売する。

 同製品では、2021年発売のセパレート型コードレススティック掃除機「MC-NS10K」をベースモデルに、廃棄された家電製品からリサイクルした再生プラスチック材をクリーンドックに使用することで、再生プラスチックの使用率を製品全体の約40%にまで高めた。具体的には、掃除機本体、ハンドル、床ノズル、クリーンドックのプラスチック材料の総量に占める再生プラスチックを約40%とした。

「MC-NS10KE」[クリックで拡大] 出所:パナソニック

 さらに、梱包形態も見直し、発泡スチロールの緩衝材を不使用、外装箱の印刷面積/インク使用量を最小限に抑えたエシカルパッケージにするなど、環境に配慮した仕様を採用。また、従来品のMC-NS10Kは清潔感があるホワイトカラーとしていたが、MC-NS10KEではこだわりのブラックカラーに仕上げ、より洗練された空間に馴染むデザインにした。

 加えて、Panasonic Store Plusでは、環境に配慮した取り組みの一環として、同製品の売上の一部を環境保全活動に寄付する他、MC-NS10KEの購入時に不要になった古い掃除機を無料で回収するサービスも開始する。

⇒その他の「リサイクルニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.