ニュース
» 2022年02月24日 14時00分 公開

検知範囲を7倍に、自動走行地図作成も可能なパナの業務用ロボット掃除機ロボット開発ニュース(1/2 ページ)

パナソニックは2022年2月22日、同年3月から同社が量産化予定の業務用ロボット掃除機「RULO Pro MC-GRS2M」の説明会を開催した。センサーレーダーの検知範囲を拡大した他、自動走行地図作成機能を持たせた。

[池谷翼,MONOist]

 パナソニックは2022年2月22日、同年3月から同社が量産化予定の業務用ロボット掃除機「RULO Pro MC-GRS2M(以下、GRS2M)」の説明会を開催した。センサーレーダーの検知範囲を拡大した他、自動走行地図作成機能を持たせた。

RULO Pro MC-GRS2Mの外観[クリックして拡大] 出所:パナソニック

壁際のほこりもしっかりかき出す

 GRS2Mのサイズは590×650×730mmで、本体質量は電池を含めて26kg。集じんは紙パックで行い、容量は5リットル。質量の大きなごみ向けに1リットルのダストボックスも搭載できる。連続使用時間はフル充電状態で約150分。

RULO Pro MC-GRS2Mの基本スペック[クリックして拡大] 出所:パナソニック

 今回発売するGRS2Mは業務用ロボット掃除機シリーズ「RULO Pro」から出る2つ目の製品だ。初号機である「RULO Pro MC-GRS1M(以下、MC-GRS1M)」は2018年に発売され、現在、オフィスビルや自治体施設などで活用されている。

 MC-GRS1Mではパナソニックが家電分野で培ってきたノウハウをいくつか活用している。大きな特徴の1つが、壁際にたまったほこりをしっかり集じんできるようにした点だ。レーザーセンサーと赤外線センサー、超音波センサー、バンパーセンサーの4種類のセンサーによって機体が壁面との距離を検知し、位置を調整しながらサイドブラシで壁際のほこりをかき出す。ブレードタイプの回転ブラシを使うことで、長い髪の毛なども絡みつきにくくなっているという。

隅にたまったほこりもかき出す[クリックして拡大] 出所:パナソニック

 加えて、紙パックを採用することで、ごみ捨て時の省力化も図り、清潔性も向上させている。電池パックについては電動アシスト自動車開発時の知見を取り入れて、持ち運び用のハンドルを付けるなどの工夫を施した。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.