ニュース
» 2023年11月29日 10時30分 公開

電子部品の代替部品候補などワンストップで情報提供、製造業向け調査サービス開始製造マネジメントニュース

OKIエンジニアリングは、製品に搭載する全ての電子部品に関する代替部品候補やその付帯情報を提供する「電子部品供給性情報調査サービス」の提供を開始した。

[MONOist]

 OKIエンジニアリングは2023年11月1日、グループ会社のOKIエンジニアリングが、製品に搭載する全ての電子部品に関する代替部品候補やその他付帯情報を提供する「電子部品供給性情報調査サービス」の提供を開始した。

キャプション 電子部品供給性情報調査の様子 出所:OKI

 同サービスでは、代替部品情報や製造中止情報に加えて、リードタイムや最小購入数量、参考価格を一括で提供する。製品を安定的に製造するためのBCP策定や、新製品開発時などの生産計画策定などに活用できる。

キャプション 電子部品供給性情報調査のアウトプットイメージ[クリックで拡大] 出所:OKI

 同社は従来、一部部品の代替品調査や、製品に使用されている全部品の製造中止情報の提供などを実施してきた。電子部品供給の安定化をBCPの1つとして考える企業は増加傾向にある。また、代替部品情報の把握には多くの時間や専門的なスキルが必要なことから、専門家によるサポートへの要望が高まってきており、同サービス提供に至った。

 製品を安定的に製造するための事業継続計画(BCP)を策定する企業に向けて提供する。価格は個別見積もりとなる。年間3000万円の売り上げを目指す。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.