ニュース
» 2023年05月26日 14時00分 公開

エッジAIの社会実装を加速するためパートナーシップを強化人工知能ニュース

PALTEKとAMBLは、エッジAI分野でのパートナーシップを強化する。AMBLの保有するAIモデルと、AMDのシステムオンモジュール「KV260」を連携したソリューションにより、AIの社会実装に取り組む。

[MONOist]

 PALTEKは2023年5月18日、エッジAI(人工知能)分野における、AMBLとのパートナーシップを強化すると発表した。AMBLの保有する多様なAIモデルと、AMDのシステムオンモジュール「KV260」を連携させた各種ソリューションにより、AIの社会実装に向けた取り組みを加速させる。

 連携の第1弾となる「白杖・車いす検知AIモデル」は、既にKV260上での動作に成功しており、デモンストレーションも可能だ。カメラ映像をリアルタイムで解析し、白杖や車いすを検知して通知するため、公共交通機関や商業施設、公共施設における事故防止などに活用できる。

キャプション 「KV260」上で動作する「白杖・車いす検知AIモデル」[クリックで拡大] 出所:PALTEK

 AIモデルの開発は、フルオーダータイプでは最適なモデルを開発できるが、開発期間が長くなる。プロダクトタイプは、コストを抑えられるものの、用途が限られる。

 AMBLは、さまざまな用途に応じた50種類以上のベースエンジンを活用し、セミオーダータイプのAIモデルを提供している。要件に合わせてカスタマイズが可能で、最適なAIモデルを短期間で開発できる。

キャプション AIモデルの比較[クリックで拡大] 出所:PALTEK

 今後、AMBLの技術は、施設の付加価値向上や防犯、安全対策、要介護者のサポートなどでの利用が見込まれ、社会インフラの向上につながるとしている。

キャプション 導入が見込まれる分野の例[クリックで拡大] 出所:PALTEK

⇒その他の「人工知能ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.