ニュース
» 2023年05月25日 15時00分 公開

Wi-Fiにも対応、操作性と利便性が向上した新型の服薬支援装置を発売医療機器ニュース

日立チャネルソリューションズは、操作性と利便性が向上した新型の服薬支援装置「服薬支援ロボ」の販売を開始した。Wi-Fi機能を搭載可能で、リモート服薬支援などのネットワークを介したサービスの提供も予定する。

[MONOist]

 日立チャネルソリューションズは2023年5月15日、操作性と利便性が向上した、新型の服薬支援装置「服薬支援ロボ」の販売を開始した。Wi-Fi機能を搭載可能で、リモート服薬支援などのネットワークを介したサービスの提供も予定する。

キャプション 操作性と利便性が向上した新型「服薬支援ロボ」 出所:日立チャネルソリューションズ

 服薬支援ロボは、薬の飲み忘れや飲み間違い、飲み過ぎを防ぐために、訪問薬剤を受けている患者の個人宅や介護施設に設置する。服薬時間になると、音声案内と画面表示でアナウンスし、利用者は家族や介護者が設定した時間にのみ、指定の薬を取り出せる。薬剤師が月1〜4回程度訪問し、薬を補充したカセットと空になったカセットを交換する。

 新型の服薬支援ロボでは、柔軟なスケジュール管理や薬の一括補充が可能になった。外出などの個別の予定に対応するため、服薬スケジュールは服薬時間ごとに設定可能で、薬は4カセット一括で交換できる。また、操作画面と取り出しボタンを大きくし、無音設定を追加した。

キャプション 利用者の生活に応じたきめ細かい服薬スケジュール設定 出所:日立チャネルソリューションズ

 オプションとして、Wi-Fi機能の搭載にも対応した。今後、ネットワークを利用し、患者の服薬情報を関係者間で共有するサービスなども検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.