ニュース
» 2023年01月13日 14時00分 公開

人とロボットがエレベーターに同乗できる機能を開発ロボット開発ニュース

三菱電機ビルソリューションズは、人とロボットがエレベーターに同乗できる機能を開発した。人とロボットが共存するビル内で、どちらも効率良く縦移動できる環境を提供する。

[MONOist]

 三菱電機ビルソリューションズは2022年12月22日、人とロボットがエレベーターに同乗できる機能を開発したと発表した。スマートシティー、ビルIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」を活用したロボット移動支援サービスとなる。

キャプション エレベーターへの人とロボットの同乗イメージ[クリックで拡大] 出所:三菱電機ビルソリューションズ

 同機能により、ロボットがエレベーターを使用する際に、ロボット専用運転にする必要がなくなる。ロボットのエレベーター使用終了を待たずに利用可能になり、ロボット専用運転を運用する場合よりも待ち時間を短縮できる。

 また、人がエレベーターを使用していても、ロボットの配車が可能となる。人のエレベーター利用を待つ必要がないため、ロボットの業務効率が向上する。先にロボットが乗車している場合でも、人が行先階を選択できる。これにより、人とロボットが共存するビル内で、人もロボットも効率良く縦移動できる環境を提供する。

 同社は、同年12月16〜23日に藤田医科大学病院で実証実験を実施。ロボットと設備を連携させるVille-feuilleに同技術を実装し、人とロボットがエレベーターに同乗した場合の想定効果や安全性を検証する。

⇒その他の「ロボット開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.