EdgeTech+ 2022 特集
ニュース
» 2022年11月24日 13時30分 公開

オムロンが構想する産業用PCの仮想化を「マイクロクラウド」で実現EdgeTech+ 2022

コグニザント(Cognizant)は、「EdgeTech+ 2022」のオムロンブースにおいて、プラテクソ(Praxteo)のエッジコンピューティングプラットフォームを活用した産業用PC向けソリューションを披露した。

[朴尚洙MONOist]
オムロンの「仮想化制御プラットフォーム」構想とパートナーであるコグニザント、プラテクソの役割 オムロンの「仮想化制御プラットフォーム」構想とパートナーであるコグニザント、プラテクソの役割[クリックで拡大] 出所:オムロン

 コグニザント(Cognizant)は、「EdgeTech+ 2022」(2022年11月16〜18日、パシフィコ横浜)のオムロンブースにおいて、プラテクソ(Praxteo)のエッジコンピューティングプラットフォームを活用した産業用PC向けソリューションを披露した。

 オムロンは、コンテナ技術を活用したエッジ/クラウド連携により産業用PCのアプリケーションの柔軟な実装やアップデートを可能にする「仮想化制御プラットフォーム」の構築を目指している。そのエンジニアリングパートナーとなっているのがコグニザントである。「クラウドで広く利用されてきたコンテナをエッジに展開する上で、プラテクソのエッジコンピューティングプラットフォームは極めて効果的だ」(コグニザントの説明員)。

 プラテクソは、複数のエッジノードをクラスタ化してコンピューティングの負荷分散を可能にする「マイクロクラウド」をコンセプトにエッジコンピューティングプラットフォームを展開している。各マイクロクラウド上でのコンテナアプリケーションやミドルウェアの構築や実装をローコード開発環境の「Pratexo Studio」上で、GUIベースで容易に管理できることが特徴になっている。

プラテクソの「マイクロクラウド」のコンセプト プラテクソの「マイクロクラウド」のコンセプト[クリックで拡大] 出所:プラテクソ

 コグニザントはグローバルでIoTエンジニアリングサービスを提供しており、これまでに培ってきた知見やノウハウを基にマイクロサービス化したアプリケーションテンプレートをコンテナで提供することが可能だ。プラテクソのエッジコンピューティングプラットフォームとの組み合わせにより、これらのアプリケーションテンプレートをカスタマイズすることでIoTシステムを早期に構築できるようになる。

 展示では、Ubuntuを組み込みんだオムロンの産業用PCにコグニザントとプラテクソのソリューションを組み合わせ、クラウドのAWSなどと連携して画像AI(人工知能)ソリューションを運用するデモンストレーションを披露した。

コグニザントとプラテクソのデモ展示 コグニザントとプラテクソのデモ展示。右側にあるオムロンの産業用PCに組み込むコンテナアプリケーションやミドルウェアを、ディスプレイ画面に出ている「Pratexo Studio」を用いてGUIベースで容易に管理できる[クリックで拡大] 出所:プラテクソ

⇒その他の「エッジコンピューティング」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.