ニュース
» 2022年11月21日 10時00分 公開

パナソニック コネクトが映像や画像とアプリケーションを連携する基盤開発製造ITニュース

パナソニック コネクトは、さまざまなデバイスで記録された映像や画像データと、各種アプリケーション、SaaSとのAPI連携を可能にするクラウド型の「カメラデータプラットフォーム」を発表した。

[MONOist]

 パナソニック コネクトは2022年10月25日、さまざまなデバイスで記録された映像や画像データと、各種アプリケーション、SaaSとのAPI連携を可能にするクラウド型の「カメラデータプラットフォーム」を発表した。同年11月30日に、カメラ映像や画像を活用する企業、ソリューションを開発する企業向けにβ版を提供開始する。

キャプション プラットフォーム全体像[クリックで拡大] 出所:パナソニック コネクト

 同プラットフォームは、録画や再生、メタデータ保存、ユーザー管理、機器管理、認証、管理ポータルなどの基本機能を備える。日付、曜日などを指定した並列表示や一定間隔ごとの時系列表示などが可能で、例えば複数店舗で同曜日、同時刻の売り場状況を比較できる。同じプラットフォームにスマートフォンやタブレット、ドローンの映像、画像も蓄積可能で、インフラの点検業務などの画像解析にも活用できる。

キャプション 左:監理ポータル(イメージ)、右:複数カメラでの画像比較例[クリックで拡大] 出所:パナソニック コネクト

 アプリケーションや業務システムとAPI連携することで、ソリューションの開発工数の削減につながる。また、国際標準規格「ONVIF」のプロファイルSに準拠したカメラをプラットフォーム接続用のアダプター経由で接続すると、各メーカーのカメラ仕様に合わせた開発工程を削減できる。

 接続するカメラの台数や映像、画像の保存期間、API利用量に応じた従量制を採用。自社の利用目的や規模に合わせて選択できる。クラウド上にデータを保存、管理するため、現場ごとの録画機器の設置も不要だ。また、災害発生時のデータ保存にも対応する。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.