ニュース
» 2022年09月15日 14時00分 公開

ルネサスがインドのファブレス半導体企業を買収、レーダー事業に本格参入組み込み開発ニュース

ルネサス エレクトロニクスは、4Dイメージングレーダー製品を手掛けるSteradian Semiconductorsの買収を発表した。買収により、ルネサスはレーダー事業に本格参入し、車載や産業用のセンシングソリューションの充実を図る。

[MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2022年8月31日、4Dイメージングレーダー製品を手掛けるSteradian Semiconductorsの買収に関する合併契約を締結したと発表した。

 今回の買収により、ルネサスはレーダー事業に本格参入し、車載や産業用のセンシングソリューションの充実を図る。買収は、現金にて一般的な買収手続きを進め、同年末までに完了する見込みだ。

 Steradianは、2016年に創業し、インドに拠点を置くファブレス半導体企業だ。小型で高集積かつ電力効率の高い76〜81GHz帯の4Dレーダートランシーバーなど、高度なレーダー技術を有する。また、交通監視やホームセキュリティ、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)などに向けて、トランシーバーIC、アンテナと組み合わせたターンキーモジュール、認識ソフトウェアといった技術も保有する。ルネサスとは2018年から、産業分野を中心に協業してきた。

 ルネサスは、ADAS(先進運転支援システム)向けレーダー製品の市場拡大を見込んで、Steradianの設計資産と知見を活用し、2022年中に車載レーダー製品のサンプル出荷を目指す。さらに、レーダー製品とADAS用SoC、パワーマネジメントIC、タイミング製品、認識ソフトウェアを組み合わせた車載レーダーソリューションを開発する計画だ。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.