ニュース
» 2022年07月05日 11時00分 公開

電動3爪ハンドにオートグリップ機能追加、無償で貸し出し開始FAニュース

シナノケンシは、現行の電動3爪ロボットハンド全機種のファームウェアを変更し、オートグリップ機能を追加した製品の貸し出しを無償で開始した。製品への適用は、2023年2月までに実施予定だ。

[MONOist]

 シナノケンシは2022年6月20日、現行の電動3爪ロボットハンド全機種のファームウェアを変更し、オートグリップ機能を追加した製品の貸し出しを無償で開始した。製品への適用は、2023年2月までに実施予定だ。

 新機能のオートグリップは、硬軟、大小、形状の異なる複数のワークを1つの爪と1つの動作指令でつぶさずにつかめる。ワークにロボットハンドの爪が接触した際に検知した結果を基に、ワークにかける力を最適化。これまで動作指令の設定は、硬さや大きさ、形状が違う把持対象ワークごとに必要だったが、その手間を省ける。

 事前の調整を必要とせず、ワークの識別にカメラやセンサーも不要だ。ロボットハンドが自律的に把持力を調整してワークをつかむため、工数や経費を削減できる。ロボット導入検討時の課題となるロボット制御の難しさを解消し、トータルでの投資費用を抑える。

「オートグリップ」機能 「オートグリップ」機能のイメージ[クリックで拡大] 出所:シナノケンシ

 物流業界の仕分けやセット組み、製造業界の組み立て、検査など、複数のワークが混在する工程全般での利用を見込む。複数種のワークに合わせるため、それぞれ別の協働ロボットで作業していた場合や、対象ワークをカメラで判別してつかむ力を変えていた場合など、画像認識カメラや触覚センサーを使わず、1台の協働ロボットだけで作業できる。

複数種のワークに合わせるため別の協働ロボットで作業していた場合 複数種のワークに合わせるため別の協働ロボットで作業していた場合[クリックで拡大] 出所:シナノケンシ
ワークをカメラで判別してつかむ力を変えていた場合 ワークをカメラで判別してつかむ力を変えていた場合[クリックで拡大] 出所:シナノケンシ

⇒その他の「FAニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.