ニュース
» 2022年03月28日 07時00分 公開

コンパクトで小回りが利く、製造現場に簡単に導入できる自動搬送ロボット無人搬送車

シナノケンシは、製造現場に簡単に導入できる、自動搬送ロボット「AspinaAMR」を発表した。コンパクトな本体で小回りが利くため、狭い通路でもスムーズに移動でき、製造現場の自動化や省人化を支援する。

[MONOist]

 シナノケンシは2022年3月2日、製造現場に簡単に導入できる、自動搬送ロボット「AspinaAMR(アスピナエイエムアール)」を発表した。同年9月の発売を予定しており、事業立ち上げに向けて準備を本格化する。

キャプション 自動搬送ロボット「AspinaAMR」[クリックで拡大] 出所:シナノケンシ

 AspinaAMRは、コンパクトな本体と小回りの利く動作が特徴で、狭い通路でもスムーズに移動できる。製造現場のレイアウトを変更することなく導入でき、操作用ソフトウェアは既存のパソコンやタブレットなどを使い、容易に取り扱える。

 現在使用している生産システムや製造ラインとの連携、ソフトウェアの定期アップデートで機能の拡張にも対応。製造現場の自動化や省人化を促進することで、高い費用対効果が期待できる。

キャプション 製造現場の自動化や省人化を支援[クリックで拡大] 出所:シナノケンシ

 既に特設ウェブサイトを公開しているが、今後、体験イベントや展示会などで最新情報を発信していく。

≫「無人搬送車」関連記事のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.