ニュース
» 2022年06月08日 08時00分 公開

NTT、ドコモとベンダー3社が6G実証実験で協力、2030年ごろの実用化目標に製造マネジメントニュース

NECは2022年6月6日、6Gに関する実証実験において、NTTとNTTドコモと協力することに合意したことを発表した。6Gを活用した次世代の通信技術、サービス開発につなげる狙いだ。

[池谷翼,MONOist]

 NTT(日本電信電話)とNTTドコモは2022年6月6日、6Gに関する実証実験に関して、富士通、NEC、ノキアの3社と協力することに合意したことを発表した。6Gを活用した次世代の通信技術、サービス開発につなげる狙いがある。

 6Gは5Gが持つ高速かつ大容量、低遅延、多数接続といった通信性能をさらに高めることが期待されている。現在では、6Gを活用して高速、大容量、低遅延などの各要求条件を同時に実現することや、100GHzを超えるサブテラヘルツ帯などの開拓、これまでの移動通信方式では十分なエリア化が難しかった空/海/宇宙などでの通信エリア拡大、超低消費電力、低コストの通信実現などの研究開発が進められている。

 6Gを活用したサービスの実現には、5Gで利用されている周波数帯に加えて、6GHzを超えるミリ波帯やサブテラヘルツ帯などを含めた広帯域にわたる周波数帯を有効活用する技術、AI(人工知能)技術を活用した無線伝送方法などを検証する必要がある。今後、富士通、NEC、ノキアとは、6GHz以上のミッドバンドからサブテラヘルツ帯の安定的な活用に向けた「分散MIMO(Distributed-MIMO)技術」と、高周波数帯電波の空間多重によって大容量化を実現する「OAM(Orbital Angular Momentum)多重伝送技術」の研究開発や実証実験に取り組み、実証実験を実施する予定だという。

 2022年度内には屋内での実証実験を開始し、2023年度以降に屋外の実証実験を開始する計画だ。実証実験の結果は、6Gに関する世界の研究団体での活動や国際会議、標準化活動などを通じて、より高度な技術の創出や確立に役立てる。2030年ごろの6Gサービス提供開始を目標に取り組みを進める。

 NTT、NTTドコモは6Gについて、光通信をベースとした新ネットワーク構想「IOWN(Innovative Optical & Wireless Network、アイオン)」による運用高度化、分散コンピューティングやAIなどのサービス/アプリケーション基盤を融合させた社会インフラ基盤の要になる技術と捉えているという。今後も、6Gに向けた通信技術の研究開発や、6Gサービスの実現を通じた社会価値の創造に取り組むとしている。

⇒その他の「製造マネジメントフォーラム」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.