ニュース
» 2022年03月14日 14時00分 公開

キーサイトとサムスンが覚書を締結、6G技術の研究開発を推進製造マネジメントニュース

Keysight Technologiesは、次世代無線通信技術6G技術の研究開発を推進するための覚書を、Samsung Researchと締結した。

[MONOist]

 Keysight Technologies(キーサイト)は2022年2月15日、次世代無線通信技術6G技術の研究開発を推進するための覚書を、Samsung Research(サムスン)と締結したと発表した。

 サムスンとのパートナーシップによって、キーサイトはサムスンの6Gビジョン「ハイパーコネクテッドワールド」をサポートし、6G製品の開発に必要なソフトウェア主導のテストソリューションを改良できるようになるという。

 また、協業によって、超低遅延でテラビット単位のデータ無線伝送を可能にする超高密度ネットワークの展開に向けて、大規模MIMO(マルチ入力マルチ出力)アンテナ技術を活用したAI(人工知能)対応エアインタフェースの開発も進むとしている。

 サムスンは、キーサイトの統合型テストツールを活用して、将来の6Gユースケースにおける設計マージンを正確かつ総合的に確認できる。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.