ニュース
» 2022年05月25日 15時00分 公開

クラウド上での医療情報ガイドラインに準拠したシステム運用を支援医療機器ニュース

キヤノンITソリューションズは、国の定めるガイドラインに準拠した、クラウド上での医療情報システム運用を支援する「医療ITクラウドコンプライアンスサービス」の提供を開始した。

[MONOist]

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2022年5月10日、国の定めるガイドラインに準拠した、クラウド上での医療情報システム運用を支援する「医療ITクラウドコンプライアンスサービス」の提供を開始した。基本料金は月額5万円、手数料はAWS(アマゾンウェブサービス)利用料金の10%、AWS利用料金は利用内容に応じた従量課金となる(各税別)。

 同サービスは、医療情報を扱う医療機関、医療系メーカー、ヘルステック企業、医療業界への参入を検討中の他業種企業などに向けて提供。クラウドを利用する際に、厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」、経済産業省および総務省「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」の2つのガイドラインへの対応を支援する。

 医療情報を取り扱うシステム向けにAWSアカウントを提供するほか、キヤノンITSによるAWSサポートの1次窓口や導入支援も提供する。また、監査に必要な情報を収集、整理し、AWS上で稼働する医療情報システムの監査用情報として提供。クラウド環境としてAWS利用する際のコンプライアンス対応をカバーしている。さらに今後、AWS上に構築した医療情報システムのコンプライアンス対応もカバーする予定だ。

 キヤノンITSは同サービスの提供により、従来の企画、立案、開発、構築フェーズに加え、展開や運営フェーズにも医療ITのクラウド活用サービスを拡大することになる。これにより、ライフサイクル全般をワンストップで提供していく。

キャプション 医療ITにおけるクラウド活用のライフサイクル全般をカバー[クリックで拡大] 出所:キヤノンITソリューションズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.