ニュース
» 2022年05月20日 10時00分 公開

UDトラックスとPTCが協業発表、設計/製造のデータ連携基盤を共同構築製造マネジメントニュース

UDトラックスは、データプラットフォーム構築に関する、PTCジャパンとの協業を発表した。同社のエンジニアリングチェーンとサプライチェーンのデータ連携を推進するため、新たなデータプラットフォームを構築することに合意した。

[MONOist]

 UDトラックスは2022年5月12日、PTCジャパンとのデータプラットフォーム構築に関する協業を発表した。同社のエンジニアリングチェーンとサプライチェーンのデータ連携を推進するため、新たなデータプラットフォームを構築することに合意した。

キャプション 連携イメージ[クリックで拡大] 出所:UDトラックス

 エンジニアリングチェーンでは、トラックなどの商用車の設計に必要なデータ連携をPTCと共に進めてきた。PTCが提供する3D CADソフトウェア「Creo」や製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェア「Windchill」を活用し、設計部門が3D CADで作成したデータと製造部門で利用する部品表などをデータ統合したモデルを構築。設計時に問題点を発見できるため、品質の向上や後工程での手戻りによるムダを排除できる。

 また、PTCの「Service Knowledge and Diagnostics(SKD)」などを用いて、製品部門と販売部門のデータを連携させる。他に、生産計画から品質管理の情報、営業社員による商談の進捗状況までを、ビッグデータとして一元管理するプラットフォームの整備を進める。これによって、製造部門と販売部門との製品データ連携と、緊密なコミュニケーションが可能になる。

 この他にも、PTCの工場IoT(モノのインターネット)プラットフォーム「ThingWorx」やARソリューション「Vuforia Studio」「Vuforia Instruct」「Vuforia Chalk」などを採用。データ共有インフラを整備することで、設計工程をより効率的に管理可能になる。

 将来的には、シームレスなエンジニアリングおよびサプライチェーンのデータ連携や双方向のコミュニケーションをユーザーなどにも展開し、強靭なサプライチェーン構築につなげたいとしている。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.