ニュース
» 2022年04月28日 08時00分 公開

ワイヤレス給電技術を医療機器向けに展開、カテーテルなどの体内位置検出でMedtec Japan 2022

古河電気工業は、「Medtec Japan 2022」において、体内医療機器位置検知ソリューション「Tellumino(テルミノ)」を披露した。

[朴尚洙,MONOist]

 古河電気工業は、「Medtec Japan 2022」(2022年4月20〜22日、東京ビッグサイト)において、体内医療機器位置検知ソリューション「Tellumino(テルミノ)」を披露した。

 同社は、EV(電気自動車)やAGV(無人搬送車)など、比較的大電力の用途でワイヤレス給電技術の開発を進めていることで知られている。今回発表したTelluminoは、これまで積み重ねてきたワイヤレス給電技術を医療機器向けに展開するために開発したソリューションになる。

 Telluminoでは、ワイヤレス給電で用いる送電コイルを体外から近づけることで、体内にある医療器具を可視光で発光させて、目視で位置が検知できるようにする。カテーテルや軟性内視鏡、止血クリップ、中心静脈用器具など医療器具に、ワイヤレス給電によって発光する小型LEDなどを組み込むだけで、医療器具側に電池などの電源を搭載することなく発光させられるので、構造が簡単で信頼性も高められるとする。また、手術の際に課題となっている医療器具の体内置き忘れ防止などにも活用できそうだ。

「Tellumino」のデモの様子 「Tellumino」のデモの様子。送電コイルを近づけると、体内にある医療器具が発光して位置が分かる[クリックで拡大]

 現在は、Telluminoを活用した医療機器の開発に向けたパートナーを募っている段階。「ワイヤレス給電については大電力だけでなく、今回のような小電力向けでも高い技術がある。薬機法への対応が可能なパートナー企業とともに市場に提案していきたい」(古河電気工業の説明員)という。

⇒その他の「医療機器ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.