ニュース
» 2022年03月15日 06時30分 公開

三菱ふそうがごみ収集EVを厚木市に納車、ごみ焼却で発電/充電して循環型を実践電気自動車

三菱ふそうトラック・バスは2022年3月14日、小型電動トラック「eCanter」をベースにしたごみ収集EV(電気自動車)を神奈川県厚木市に納車したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 三菱ふそうトラック・バスは2022年3月14日、小型電動トラック「eCanter」をベースにしたごみ収集EV(電気自動車)を神奈川県厚木市に納車したと発表した。

 架装部分は新明和工業が手掛けた。走行中や架装部分の稼働中にCO2を排出しない。また、エンジン車と比べて静粛性が向上されたため、住宅地での早朝のごみ収集にも適しているという。ルートが決められており、1日の走行距離や稼働時間が比較的短いことから、ごみ収集車はEV化に向くとしている。

小型電動トラック「eCanter」をベースにしたごみ収集EV[クリックで拡大] 出所:三菱ふそうトラック・バス

 三菱ふそうトラック・バス、新明和工業、厚木市の3者は2021年5月に「『EVごみ収集車』に関する連携協定」を締結している。ごみ収集EVの普及促進に向けて、開発、製造、充電設備の設置、開発に必要なデータの提供、運航計画、イノベーションの推進などで3者が2027年3月まで協力する。

 また、厚木市では、焼却したごみの余熱で発電した電力をごみ収集EVなどに利用する循環型都市の実現も目指している。

 ごみ収集車のEV化には、いすゞ自動車や架装メーカーの極東開発工業も取り組んでいる。JFEエンジニアリングと日立造船、日鉄エンジニアリング、明電舎が立ち上げた「EVパッカー及び電池交換ステーション普及協議会」では、ごみ収集EVの駆動用バッテリーを交換式とし、充電時間を短縮する。

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.