ニュース
» 2022年03月11日 06時30分 公開

トヨタ車体の「コムス」が一部改良、最大積載量が大幅アップ電気自動車

トヨタ車体は2022年3月10日、1人乗りの超小型EV(電気自動車)「コムス」を一部改良し、同年4月1日に発売すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]
「コムス」を一部改良した[クリックで拡大] 出所:トヨタ車体

 トヨタ車体は2022年3月10日、1人乗りの超小型EV(電気自動車)「コムス」を一部改良し、同年4月1日に発売すると発表した。

 ユーザーの要望を受け、最大積載量を拡大した。弁当など食事の配達に使われることが多い「P・COM」「B・COMデリバリー」は、最大積載量が一部改良前から15kg増えて45kgとなった。

 飲料など重い荷物の宅配に使われる「B・COMデッキ」の最大積載量は改良前の30kgから90kgに増やした。1回に配送できる荷物が増えることで拠点に戻る回数を低減し、配達や移動にかかる時間を短縮する。

最大積載量を大幅に増やした[クリックで拡大] 出所:トヨタ車体

 この他にも、パーキングブレーキのかけ忘れ/戻し忘れの警告機能の採用、充電ケーブルの延長(3mから5mに延長)、キャンバスドアのカラー変更などを実施した。

 税込みメーカー希望小売価格はP・COMが96万300円、B・COMデリバリーが98万4500円、B・COMデッキが94万500円、最大積載量が30kgの「B・COMベーシック」が79万9700円となる。

 コムスは2012年7月に発売して以来、10年間で9500台を発売した。

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.