ニュース
» 2022年03月11日 06時00分 公開

“ワーゲンバス”がEVに、「ID.BUZZ」は欧州で2022年秋発売、北米にも展開電気自動車

Volkswagen(VW)は2022年3月9日、電気自動車(EV)のシリーズ「ID.」の新モデルとして「ID.BUZZ」の量産コンセプトを発表した。同年5月から欧州の一部の国で事前受注を受け付け、秋から発売する。北米でも発売を予定している。運送事業者など向けのカーゴモデルも用意した。また、VWグループの子会社MOIAで、自動運転シャトルのベース車両としても活用する。

[齊藤由希,MONOist]

 Volkswagen(VW)は2022年3月9日、電気自動車(EV)のシリーズ「ID.」の新モデルとして「ID.BUZZ」の量産コンセプトを発表した。同年5月から欧州の一部の国で事前受注を受け付け、秋から発売する。北米でも発売を予定している。運送事業者など向けのカーゴモデルも用意した。また、VWグループの子会社MOIAで、自動運転シャトルのベース車両としても活用する。

「ID.BUZZ」の量産コンセプトを発表した。写真左が乗用車モデル、写真右が物流事業者など向けのカーゴモデル[クリックで拡大] 出所:VW

 1950年代のVWのアイコンである「T1(タイプ2、トランスポルタ―の第1世代)」を意識したモデルだ。ID.BUZZは5人乗りで、1121l(リットル)の荷室を持つ。2列目のシートを折りたたむと積載量は最大2205l(リットル)まで拡大する。インテリアには、ペットボトル由来のテキスタイルなど、サステナブルで動物由来ではない素材を多用した。

ID.BUZZのインテリア[クリックで拡大] 出所:VW

 カーゴモデルは2シーターで、荷室には欧州規格のパレットが2つ収まる。荷室は600kg、ルーフに100kgの荷物を積むことができる。物流事業者の事業内容に合わせた室内のカスタマイズも用意している。

 プラットフォームは、他のID.シリーズと同様にEV向けの車台「MEB」を採用している。全長は4712mmに対し、ホイールベースは2988mmで、ロングホイールベースだ。ミニバン「T6.1」と同じホイールベースで、全長は20cm短い。同等の室内空間を確保しながら、より取り回しやすいとしている。最小回転半径は「ゴルフ」と同等の5.6m。ID.BUZZの全高は1937mm、全幅が1985mmとなる。ID.シリーズとしては最も車両サイズが大きいモデルだ。

カーゴモデルの荷室[クリックで拡大] 出所:VW

 ADAS(先進運転支援システム)に関しては、車車間通信を利用した運転支援「Car2X」に対応する。これにより高速道路での車線変更支援が可能になる。Car2Xは、ID.シリーズ同士の通信に対応している。その他にも、歩行者検知対応のフロントのエマージェンシーブレーキ、レーンキープアシスト、メモリ機能付きの自動駐車機能などを搭載する。

 V2H(Vehicle-to-Home)に対応しており、住宅に電力を供給することができる。また、必要であれば公共のパワーグリッドに接続することもできるという。

 バッテリー容量は77kWhで、モーター出力は150kWだ。フロアのバッテリーにより重量配分がよくなり、低重心化も図れる。他のID.シリーズのモデルと同じく後輪駆動となる。充電は11kWの普通充電とCCS方式の170kWの急速充電に対応。将来的には、充電コネクターを通して車両を認証する「プラグ&チャージ」機能を提供する。

ID.BUZZの乗用車モデルは5人乗り[クリックで拡大] 出所:VW

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.