ニュース
» 2022年03月11日 13時00分 公開

家庭から業務活用まで対応する高性能レーザー加工機、日本展開へメカ設計ニュース

Makeblock Japanは、レーザー加工機「xTool D1」のクラウドファンディングをGREEN FUNDING上で実施し、累計5700万円を調達した。xTool D1の日本展開は、2022年夏を予定している。

[MONOist]

 Makeblock Japanは2022年2月25日、レーザー加工機「xTool D1」のクラウドファンディングをGREEN FUNDING上で実施し、累計約5700万円を調達したと発表した。xTool D1の日本展開は、同年夏を予定している。

 xTool D1は、高い加工精度と直観的なユーザーインタフェースを持ち、家庭でのDIYからオフィスでの業務活用まで幅広い用途に対応する。さまざまな素材を切断したり、対象物に画像や文字などのイメージを彫刻できる。

レーザー加工機「xTool D1」 レーザー加工機「xTool D1」[クリックで拡大] 出所:Makeblock Japan

 GREEN FUNDINGでのクラウドファンディングは、2021年10月15日〜2022年1月31日まで実施した。目標金額は200万円で、累計支援額は5703万5896円。プロジェクトは2851%の達成率で成功し、2022年夏をめどにxTool D1を日本展開する。

 また、xTool D1のクラウドファンディングプロジェクトに続き、1台でレーザー加工とブレード加工の2種類に対応する「xTool M1」のクラウドファンディングプロジェクトを2022年春に日本で実施予定だ。

 先行して実施したKickstarterでのキャンペーンでは、2869人の支援者から累計3億611万円を調達。Kickstarterでのレーザー加工機のクラウドファンディングでは、2021年に最も多く支持された。

レーザー加工とブレード加工ができる「xTool M1」 レーザー加工とブレード加工ができる「xTool M1」[クリックで拡大] 出所:Makeblock Japan

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.