VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2022年02月03日 13時00分 公開

3Dホログラム映像を視聴できる4K液晶採用のMRディスプレイVRニュース

サンリスは、Realfiction製のMRディスプレイ「Dreamoc XL5」の日本での販売を開始した。液晶ディスプレイをフルHDから4Kにアップグレードし、正面と左右の3方向から鮮明な3Dホログラム映像を視聴できる。

[MONOist]

 サンリスは2022年2月1日、Realfiction製のMR(複合現実)ディスプレイ「Dreamoc XL5」の日本での販売を開始した。フラッグシップモデル「Dreamoc XL4」の後継機種で、フルHDから4Kに液晶ディスプレイをアップグレードしている。

 Dreamoc XL5は、4K画像を4面の「Crystalline Optics」に投影することで、正面と左右の3方向から鮮明な3Dホログラム映像を視聴できる。本体は、耐久性に優れたアルミアロイ製を採用している。

MRディスプレイ「Dreamoc XL5」 MRディスプレイ「Dreamoc XL5」[クリックで拡大] 出所:サンリス

 本体サイズは1035×550×685mmで、重量は65kg。ディスプレイ内には、ワインボトル程度のサイズの製品を展示できる。3Dホログラム映像が実際の製品にインタラクションするなど、幅広い演出に対応する。

「Dreamoc」シリーズではミディアムサイズとなる「Dreamoc XL5」 「Dreamoc」シリーズではミディアムサイズとなる「Dreamoc XL5」[クリックで拡大] 出所:サンリス
ワインボトル程度の製品を展示可能 ワインボトル程度の製品を展示可能[クリックで拡大] 出所:サンリス

 本体とは別に、アクセサリーも販売する。ディスプレイを設置できる専用のスタンドと、周遊展示などで商品を輸送する際に損傷、衝撃などから保護するフライトケースを用意している。

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.