VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
特集
» 2021年12月02日 11時00分 公開

日産がMR技術活用で外観目視検査の作業習熟期間を半減、指導工数は9割減製造・自動車業界DXフォーラム2021(1/3 ページ)

オンラインイベント「製造・自動車業界DXフォーラム2021」において、日産自動車は「【日産自動車が進める生産現場のDX】 Mixed Realityを活用した早期作業習熟の実現」と題し、2021年10月に発表した「ニッサンインテリジェントファクトリー」の取り組みの1つである「MR(複合現実感)を活用した革新的作業指導」について紹介した。

[八木沢篤,MONOist]

 2021年11月30日に開催されたオンラインイベント「製造・自動車業界DXフォーラム2021」(主催者:ビジネス・フォーラム事務局/特別協賛:日本マイクロソフト)の「スキルとリソースの最適化」のパートにおいて、日産自動車は「【日産自動車が進める生産現場のDX】 Mixed Realityを活用した早期作業習熟の実現」と題し、同年10月に発表した「ニッサンインテリジェントファクトリー」の取り組みの1つである「MR(Mixed Reality:複合現実感)を活用した革新的作業指導」について紹介した。

「ニッサンインテリジェントファクトリー」の工場ロゴ 「ニッサンインテリジェントファクトリー」の工場ロゴ[クリックで拡大] 出所:日産自動車

 なお、同社 栃木工場(栃木県上三川町)に導入した次世代の自動車生産の取り組みであるニッサンインテリジェントファクトリーの詳細については、「電動車100%へ330億円を投資した日産・栃木工場、開発中の燃料電池は定置用で活躍」で詳細がまとめられているため、本稿ではマイクロソフトと共同で取り組んできたMR技術を活用した作業指導の取り組み内容にフォーカスしてお届けする。

ニッサンインテリジェントファクトリーで目指すもの

 ニッサンインテリジェントファクトリーでは、「未来のクルマをつくる技術」「匠の技で育つロボット」「人とロボットの共生」「ゼロエミッション化生産システム」という4つの柱を軸に、新たな技術などを取り入れながら次世代の自動車生産の実現を目指している。

 ニッサンインテリジェントファクトリーで導入されている車両生産に関する代表的な新技術としては、1つの設備であらゆる車種のアンダーフロアユニットを一括自動搭載するパワートレイン一括搭載システム「SUMO(Simultaneous Underfloor Mounting Operation)」やロボットによる完全自動化を実現したヘッドライニング(車室内天井部分のパーツ)自動組み付けシステム、「世界初」(同社)をうたうボディ&バンパー一体塗装技術などが挙げられる。

パワートレイン一括搭載システム「SUMO(Simultaneous Underfloor Mounting Operation)」 パワートレイン一括搭載システム「SUMO(Simultaneous Underfloor Mounting Operation)」[クリックで拡大] 出所:日産自動車

 さらに、EV(電気自動車)の新型車「アリア」に搭載される新開発の新世代EVパワートレインの生産に着目すると、その組み立てラインでは、高い自動化率を実現するためにさまざまな技術が活用されている。

 静粛性と高速走行性能の向上を実現するアリアに採用された新世代EVパワートレインのモーターは、8極式巻き線界磁ローター(磁石レス)、ステーター、ハウジングで構成されており、このモーターに対してインバーター、減速機を組み付けることで新世代EVパワートレインが完成する。その生産現場、生産技術においても、前述したニッサンインテリジェントファクトリーの4つの柱を軸に、「世界初」(同社)となる量産界磁ローターの巻き線自動化やステーターコア投入の自動化、メイン組み立てラインの自動化、全数インラインでのアセンブリ保証、車両工場へのダイレクト無人搬送といった最新技術が導入されているという。

量産界磁ローターの巻き線自動化を実現する 量産界磁ローターの巻き線自動化を実現する[クリックで拡大] 出所:日産自動車

 そして、このような新たな生産技術に加えて、新世代EVパワートレインの組み立てラインでは、徹底した品質管理やライン管理の実現を支援するさまざまなデジタル技術が導入されている。その1つが、MR技術を活用した革新的作業指導を実現する「IOSS(Intelligent Operation Support System)」だ。これは、デジタル技術の活用による作業内容の早期習熟(学習支援)の実現を目的としたもので「マイクロソフトと共同で開発を進めてきた」(日産自動車 常務執行役員 パワートレイン生産技術開発本部長の村田和彦氏)という。

モーターの組み立てラインではさまざまなデジタル技術が導入されている モーターの組み立てラインではさまざまなデジタル技術が導入されている[クリックで拡大] 出所:日産自動車(講演資料より)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.