ニュース
» 2022年01月12日 09時00分 公開

新工場を建設してシート製品の加工工程を集約、生産能力増強へ工場ニュース

萩原工業は、岡山県笠岡市にシート製品の新たな生産拠点となる新工場を建設する。コーティングおよび裁断、溶着などの加工工程を新工場に集約し、現在の3拠点から2拠点体制へと移行する。これにより生産効率化と生産能力の増強を図る。

[MONOist]

 萩原工業は2021年12月20日、岡山県笠岡市に、シート製品の新たな生産拠点となる新工場を建設すると発表した。2022年3月に着工、2024年5月の稼働開始を予定している。

キャプション 新工場の完成イメージ[クリックで拡大] 出所:萩原工業

 同社は現在、主力とするシート製品を工程別に3拠点に分けて生産している。今回新設する工場に、コーティングおよび裁断、溶着などの加工工程を集約し、2拠点体制に移行する。

 2拠点体制とすることで、生産の効率化と生産能力の増強を図る。また、加工工程の強化によって、顧客の多様なニーズに対応する付加価値の高い製品を生産し、収益性を向上する。

 新工場の敷地面積は約11万4472m2、延床面積は約2万3000m2で、投資額は約66億円となる(支払い済みの土地購入代金を除く)。省エネ機器を導入してCO2排出量を低減し、作業環境の改善を通じて働きやすい職場づくりを進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.