ニュース
» 2022年01月11日 07時00分 公開

海外拠点初、フィリピン工場を再生可能エネルギー100%に転換工場ニュース

村田製作所は、生産子会社のPhilippine Manufacturingの全ての使用電力を2022年1月1日より再生可能エネルギーに転換する。CO2削減効果は約2947トンを見込んでいる。

[MONOist]

 村田製作所は2021年12月20日、生産子会社のPhilippine Manufacturing(フィリピン工場)の全ての使用電力を2022年1月1日より再生可能エネルギーに転換すると発表した。海外拠点として初めての試みだ。

キャプション フィリピン工場 出所:村田製作所

 フィリピン工場では再生可能エネルギーの利用促進に向け、2021年5月より生産棟屋根へ6768枚のソーラーパネルを設置している。また、フィリピンでは多くの火山があるため、太陽光発電由来の電力に加え、地熱発電を中心とする再生可能エネルギーの活用を予定している。

 太陽光発電システム容量は2978kW、年間発電電力量は422万kWhとなっており、CO2削減効果は約2947トンを見込んでいる。

 村田製作所グループでは、社会価値に関わる経営目標として、温室効果ガス排出量を2019年度比で2024年度は20%減、2030年度は46%減、再生可能エネルギー導入比率を2024年度25%、2030年度50%、2050年度100%を掲げている。同社グループはRE100の実現に向け、グループ全体の事業活動での使用電力の再生可能エネルギー化に取り組んでいくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.