ニュース
» 2021年10月29日 07時30分 公開

LFS方式3Dプリンタ「Form 3L」で出力した大型造形物に対応する自動後処理機3Dプリンタニュース

Formlabsは、プロフェッショナル向け3Dプリンタ「Form 3」の大型機である「Form 3L」による大型造形に対応する自動後処理機「Form Wash L」「Form Cure L」の販売開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 Formlabsは2021年10月27日、従来の光造形(SLA)方式とは異なる新たな造形方式「LFS(Low Force Stereolithography)」を採用したプロフェッショナル向け3Dプリンタ「Form 3」の“5倍以上の造形サイズ”を誇る大型機「Form 3L」による大型造形に対応する自動後処理機「Form Wash L」と「Form Cure L」の販売開始を発表した。

「Form 3L」による大型造形に対応する自動後処理機の販売開始を発表したFormlabs 「Form 3L」による大型造形に対応する自動後処理機の販売開始を発表したFormlabs。画像左から「Form Cure L」「Form Wash L」「Form 3L」[クリックで拡大]出所:Formlabs

 Form 3Lでの造形完了後、造形物の表面に残る未硬化の液体レジン(光硬化性樹脂)を大型自動洗浄装置のForm Wash Lで洗浄し、その後、大型二次硬化装置のForm Cure Lで造形物の二次硬化を行うことで、材料本来の機械的特性を得ることができる。

 両製品を活用することで、洗浄と二次硬化を自動化できるため、後処理工程の省力化と効率化が図れる。また、Form Cure Lを用いた二次硬化では、使用する各材料に合わせて紫外線照射時間を適切にコントロールすることで、精緻な寸法精度で造形物を仕上げることができるという。

 大型自動洗浄装置のForm Wash Lは、Form 3L用のビルドプラットフォームごと洗浄することが可能(取り外しての洗浄も可)。さらに、標準機であるForm 3用ビルドプラットフォームであれば、2つ同時に洗浄することもできる。洗浄可能な最大対応サイズは幅335×奥行き200×高さ300mm(Form 3Lの最大造形サイズと同じ)で、洗浄に使用できる溶剤はIPA(イソプロピルアルコール)、TPM(トリプロピレングリコールモノメチルエーテル)など。タンク容量は37.9l(リットル)である。

大型自動洗浄装置「Form Wash L」 大型自動洗浄装置「Form Wash L」[クリックで拡大]出所:Formlabs

 大型二次硬化装置のForm Cure Lは、洗浄/乾燥後の造形物をビルドプラットフォームから取り外して使用する。庫内にはヒーターが2つ搭載されており、10分以内に最高温度80℃まで加熱でき、高出力UV光源(3ユニット)によって確実な二次硬化を実現するという。最大対応サイズは335×200×300mm。

大型二次硬化装置「Form Cure L」 大型二次硬化装置「Form Cure L」[クリックで拡大]出所:Formlabs

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.