ニュース
» 2021年10月26日 07時00分 公開

徹底した熱対策で高精度な加工が可能な門形マシニングセンタの上位機種FAニュース

日本電産マシンツールは、門形マシニングセンタの上位機種「MVR-Hx」シリーズの販売を開始した。主軸の熱伸びを抑える軸心冷却機能や、環境温度変化を受けにくい主要構造体を採用するなどの熱対策により、高精度な加工ができる。

[MONOist]

 日本電産マシンツールは2021年10月12日、門形マシニングセンタの上位機種「MVR-Hx」シリーズの販売を開始した。「MVR-Cx」シリーズに続く大形工作機械のラインアップ拡充により、多様な大物部品加工ニーズに対応する。

キャプション 門形マシニングセンタ「MVR-Hx」シリーズ[クリックで拡大] 出所:日本電産マシンツール

 熱変位を抑えた使いやすい機械をコンセプトに開発したMVR-Hxシリーズは、主軸を内部から冷やす軸心冷却機能を標準装備する。これにより、8000min−1の高速回転時でも工具の先端位置を安定させ、仕上げ加工時の工具間段差を3.5μm以下に抑える。

 オプションのギア駆動主軸では、4000min−1で最大トルク3430N・mの重切削加工が可能。主要構造体に鋳物を用いることで剛性を高め、高トルクでも安定した加工に対応するほか、早送り速度がY軸35m/分、Z軸20m/分と高速で、生産性の向上に貢献する。

 また、温度制御媒体を封入したサーモスタビライザコラムの採用やクロスレールの断熱対策、各軸位置決めスケールの最適配置、空間誤差補正機能など、熱や経年が加工精度にもたらす影響を排除する設計となっている。これらにより、機械の姿勢を正確に把握して、さらに高精度な加工が可能になる。

 オペレーターの作業効率を向上する工夫として、加工点に近い場所で操作できるように操作盤の可動範囲を広くした。操作支援機能「NidecNavi」も搭載する。

 さらに、ユーザーを迅速にサポートする独自IoT(モノのインターネット)プラットフォーム「DIASCOPE」や充実したパッケージオプションなど、顧客が安心して運用できるサポート体制や機能を提供する。

 同シリーズは「MVR25Hx」「MVR30Hx」「MVR35Hx」「MVR40Hx」「MVR45Hx」の5モデルを用意しており、主軸回転速度は20〜8000min−1となっている。オプションで40〜1万2000min−1、11〜4000min−1、17〜6000min−1に対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.