ニュース
» 2021年10月25日 13時00分 公開

ジェネレーティブデザイン市場、2030年までに約7億ドルの市場規模へメカ設計ニュース

SDKIは、「ジェネレーティブデザイン市場」の新レポートを発刊した。ジェネレーティブデザイン市場は、2022年に1億9100万ドルの市場価値から、2030年までに6億8000万ドルに達すると推定される。

[MONOist]

 SDKIは2021年9月8日、「ジェネレーティブデザイン市場」の新レポートを発刊したと発表した。ジェネレーティブデザイン市場は、2022年に1億9100万ドル(約219億円)の市場価値から、2030年までに6億8000万ドル(約779億円)に達する推定で、2022〜2030年の予測期間中に19.9%のCAGR(年平均成長率)で成長すると予想される。

ジェネレーティブデザイン市場概況 ジェネレーティブデザイン市場概況[クリックで拡大] 出所:SDKI

 自動車、工業製造、航空宇宙、防衛産業などの業界では、革新的なモデルを作成するための高度な設計ソフトウェアが必要となり、ジェネレーティブデザイン市場の成長にプラスの影響を与えている。

 さらに、ポストデザイン製品分析会社の間でこれらのソフトウェアに対する需要が高まっており、ジェネレーティブデザインソフトウェアとサービスの採用が増加。これにより、予測期間中にジェネレーティブデザイン市場の成長を推進するが、ジェネレーティブデザインソフトウェアの使用が複雑であることから、市場の成長が制限されるという。

 ジェネレーティブデザイン市場は、アプリケーション別(製品設計と開発、コスト最適化)、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)、業種別(自動車、航空宇宙、防衛、産業、製造、建築、建築、建設、その他)、地域別に分割され、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化されている。

 コスト最適化セグメントは、予測期間中にCAGRが最大で成長すると予想される。自動車セグメントは業種に基づき、2018年にジェネレーティブデザインソリューションを最大に採用した。

 アジア太平洋地域のジェネレーティブデザイン市場は、予測期間中にCAGRが最大で成長する見込み。一方で、高い設置コスト、消費者の受け入れの低さ、管理プロセスの変更が地域全体でジェネレーティブデザインを採用する際の最大のハードルとなっている。

⇒ 「メカ設計:市場動向」インデックスはこちら

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.