特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2020年01月23日 10時00分 公開

「TaaS」の出現により、商用車メーカーはトラックを売らなくなる!?サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(6)(2/3 ページ)

[小野塚征志(ローランド・ベルガー),MONOist]

トラックのKBFの変化

 自動運転トラックの実用化は、トラックメーカーのビジネスモデルに多大なインパクトをもたらします。第1に、トラックのKBF(Key Buying Factor)が変わるからです。

 当たり前ですが、トラックを購入するにあたり、ユーザー企業の多くは価格の安さを重視します。車両本体の価格だけではなく、燃費の良さや維持・修理費の安さも含めたトータルプライスで判断が下されるわけです。もちろん、最大積載量、最高出力、最大トルクといった輸送車両としての性能も1つの基準になります。大型トラックであれば、運転のしやすさや乗り心地の良さなども考慮されるでしょう。たた、現実には、主要メーカー間で価格や性能に大きな差はなく、今までと同じメーカーのトラックを購入することが多かったわけです。

 自動運転化すると、価格や性能だけではなく、自動運転のレベルも問われるようになります。運転をどの程度トラックに任せられるのか、その範囲が広ければ広いほど、ドライバーの負担は軽減されます。要は、それだけドライバーを採用しやすくなるわけです。人手不足の昨今、トラックのユーザー企業からすれば、コストをかけるに値する機能性といえるでしょう。

 当初は、ドライバーの乗車を前提とした「条件付きでの自動運転」になることを考えると、「運転をしない時間の過ごしやすさ」も比較検討の対象項目になるはずです。運転席での寝心地のよさ、運転以外の仕事のしやすさなどが問われるようになるかもしれません。将来的には、「ドライバーの不要化」が実現することを見据えるに、TMS(Transportation Management System)を始めとする物流管理システムとの接続性、積荷を載せる荷台内部のトレーサビリティーなどもポイントとなる可能性があります。

 つまり、トラックメーカーからすれば、今までにはない機能・特性を具備することが求められるわけです。自動運転の実用化を契機に、トラックメーカー間のシェアが大きく変わる可能性もあると見るべきです。

トラックのKBF(Key Buying Factor) トラックのKBF(Key Buying Factor)(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.