特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年04月01日 10時00分 公開

ソニー出身者が立ち上げたIoTプラットフォームは「データの民主化」を目指す製造業IoT(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

1トランザクション当たり1秒以下を実現

 Jasmy IoTプラットフォームの特徴は7つある。1つ目は、仮想通貨などと同様に、利用者特定、認証する「KYC(Known Your Customer)」である。2つ目は、同プラットフォームがIoTに対応すべく開発した、利用するモノを特定、認証する「KYM(Known Your Machine)」だ。そして3つ目〜5つ目の特徴は、ブロックチェーン技術の根幹となる「IoTに最適化した高速のコンセンサスアルゴリズム」「認証データを改ざんされない分散台帳に記録」「機器同士をトークンで制御(スマートコントラクト)」である。特に、高速のコンセンサスアルゴリズムについては、仮想通貨のうちビットコインが1トランザクション当たり10分、イーサリアムが1分というのに対して1秒以下を実現している。「IoTで活用するには高い応答性が求められる。今後も高速化を進め、数十ミリ秒クラスまで挑戦したい」(吉田氏)としている。

「Jasmy IoTプラットフォーム」の7つの特徴 「Jasmy IoTプラットフォーム」の7つの特徴(クリックで拡大) 出典:ジャスミー
「KYC」のイメージ「KYM」のイメージ 「KYC」(左)と「KYM」(右)のイメージ(クリックで拡大) 出典:ジャスミー

 6つ目の特徴は分散ストレージ「Jasmy.NET」で、画像や音声といった容量の大きいデータの保存に用いる。そして7つ目の「P2P通信」により、TCP/IPなどのプロトコルを介さずJasmy.NETとの間で痕跡の残らない通信を実現する。

 Jasmy IoTプラットフォームによって提供する機能は、個人情報を管理する「SKC(Secure Knowledge Communicator)」とIoT機器を管理する「SG(Smart Gurdian)」の2つ分かれる。会見では、SKCの活用事例として、サポートセンターとやりとりする際における個人情報の提供と、対応終了後の個人情報削除が行われる様子を見せた。

「Jasmy IoTプラットフォーム」が提供する機能は「SKC」と「SG」の2つに分かれる 「Jasmy IoTプラットフォーム」が提供する機能は「SKC」と「SG」の2つに分かれる(クリックで拡大) 出典:ジャスミー

 またジャスミーは、Jasmy IoTプラットフォーム以外に“すぐに使える”をコンセプトとしたIoTデバイスも提供する。シングルボードコンピュータの「JCB(Jasmy Single Board Computer with LTE)」と、スマートウォッチ型の「Watch(Jasmy Smart Watch with LTE)」の2種類だ。クアルコムのプロセッサ「Snapdragon」とAndroidを用いており、どちらもLTE通信が可能になっている。

「Jasmy IoTプラットフォーム」のIoTデバイス 「Jasmy IoTプラットフォーム」のIoTデバイス(クリックで拡大) 出典:ジャスミー

 このうちJCBとSGの組み合わせ事例として、自宅のドアホンが鳴らされたときにスマートフォンに知らせるサービスのデモも披露した。

ドアホンのデモは、シングルボードコンピュータの「JCB」を中核としたシステムを使用ドアホンが鳴ったというトランザクションは1秒以下 ドアホンのデモは、シングルボードコンピュータの「JCB」を中核としたシステムを使用(左)。ドアホンが鳴ったというトランザクションは1秒以下の時間で送られていた(右)(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.