特集
» 2018年12月26日 06時00分 公開

リコール114万台に及んだ完成検査問題、サイドミラーなしのクルマがついに市販オートモーティブ 年間ランキング2018(2/3 ページ)

[齊藤由希,MONOist]

ついに量産モデルに、カメラとディスプレイの「電子ミラー」

レクサスブランドのフラグシップクロスオーバーのコンセプトモデル「LF-1 Limitless」(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 第2位は、トヨタ自動車が「北米国際自動車ショー2018」(プレスデー:2018年1月14〜16日、一般公開日:1月20〜28日、米国ミシガン州デトロイト)で披露したレクサスブランドのフラグシップクロスオーバーのコンセプトモデル「LF-1 Limitless」に関する記事でした(※4)

(※4)関連記事:レクサスの次世代SUV「LF-1 Limitless」、縦横は「LX」並みで高さは「NX」以下

 多様化する顧客のライフスタイルに対し、新しいラグジュアリーの方向性を提案するために開発したのがLF-1 Limitlessです。「レクサスブランドの次世代デザインの可能性を示し、自動運転技術を搭載するコンセプトカー」(トヨタ自動車)だとしています。

 レクサスブランドは、2025年頃までに、グローバルに展開する全てのモデルを電動専用車、電動グレード設定車とする計画です。このため、LF-1 Limitlessも、従来のガソリンエンジンやハイブリッドに加えて、プラグインハイブリッド(PHEV)、さらには電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)を含めたパワートレインの搭載を想定してデザインされています。

 外観デザインは、長いノーズと後方に構えたキャビンや、クロスオーバーでありながら重心を低く感じさせるボディーにより、走りを予感させる力強いプロポーションを実現したとのこと。鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受け、熱く溶けた滑らかな金属を硬質で鋭利な形状に凝縮したかのような、どこから見ても流れるような動きを持つ、しなやかな造形を実現しているそうです。また、サイドミラーは、カメラを用いた電子ミラーになっています。

市販車にも電子ミラーが登場

新型「ES」にはオプションでデジタルアウターミラーが採用された(クリックして拡大)

 この電子ミラーは、レクサスブランドの量産モデルに搭載され、日本で発売されました。これまで海外で展開されてきた「ES」が日本初導入となり、従来のサイドミラーをカメラと車内に置いたディスプレイで置き換える「デジタルアウターミラー」を採用しました(※5)。トヨタ自動車はデジタルアウターミラーの採用は「世界初」だとしています。

(※5)関連記事:サイドミラーなしのレクサス「ES」、目立つディスプレイはドライバーへの配慮  / レクサス新型「ES」はサイドミラーなし、カメラとディスプレイで広い視野

 デジタルアウターミラーのうち、ディスプレイとカメラはパナソニックが、車外にカメラを設置するカメラハウジングは東海理化が、システムのECU(電子制御ユニット)はデンソーが供給しています。

 デジタルアウターミラーは新型ESの最上級グレードである「version L」でオプション装着となり、価格は20万円です。実際の車両を見てみると、カメラがニョキッと伸びている点や、カメラの映像を表示するディスプレイが内装デザインと調和していない点が目立ちます。

 これには理由があり、トヨタ自動車 常務理事の佐藤恒治氏は次のように説明しました。「とっさにサイドミラーを見る動作は、運転する人にとって習慣的に馴染みのあるものだ。インテリアに合わせて組み込んだ結果、サイドミラーから離れた位置になると、視線移動が増えてしまうのではないか。デザインと視認性のバランスをどう取るかは各社が模索していくところだろう。ただ、フェンダーミラーがドアミラーになって、サイドミラーを見る習慣は変化してきた。ディスプレイを見ること浸透すれば、将来的にはインテリアにスッキリ収まる形になっていくだろう」(佐藤氏)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.