ニュース
» 2015年11月02日 11時00分 公開

進化版「コムス」は三段変形ロボット!? アルファードは豪華クルーザーに東京モーターショー2015(2/2 ページ)

[與座ひかる,MONOist]
前のページへ 1|2       

「ハイエース プラチナム ラウンジ」

 「ハイエース プラチナム ラウンジ」は、商用車である「ハイエース」を高級感あるワゴンに変身させたコンセプトカーだ。漆黒のボディーカラーに反し、インテリアは白を基調とした上質なスタイルを採用。大型モニターやオーディオ、調光式大型天井照明、可動式テーブル、ワインセラー、コーヒーメーカーなどを室内で楽しむことができる。スライドドアの開閉やオーディオ、モニターはタブレット端末で操作することが可能だ。

「ハイエース プラチナム ラウンジ」の外観。真っ黒! 「ハイエース プラチナム ラウンジ」の外観。真っ黒!(クリックで拡大)
高級感あるインテリアに仕上がった液晶モニターも搭載 高級感あるインテリアに仕上がった(左)、液晶モニターも搭載(右)(クリックで拡大)出典:トヨタ車体

「ノア アクティブ クロス」/「ランドクルーザー XJ1700」

 ノア アクティブ クロスは、5ナンバーのミニバン「ノア」をアクティブに変化させた7シータークロス。簡単な操作でフラットスペースを可能にすべく、ダイブインシートを採用。テーブル機能も併せ持つ可動式のフレキシブルスロープも備え、アウトドアに最適なクルマに仕上がった。

白いボディーにオレンジが刺し色の「ノア アクティブ クロス」 白いボディーにオレンジが刺し色の「ノア アクティブ クロス」(クリックで拡大)
ダイブインシートの様子テーブルにもなるフレキシブルスロープ ダイブインシートの様子(左)テーブルにもなるフレキシブルスロープ(右)(クリックで拡大)出典:トヨタ車体

 最後は「ランドクルーザー70シリーズ」を土台にした「ランドクルーザー XJ700」だ。アグレッシブさとスポーティーさを強調したニュージャンルSUVで、液晶メーターを採用し、エクステリア、インテリア共に黒×オレンジのカラーで統一された。

なぜか来場者の頭上に展示された「ランドクルーザー XJ700」 なぜか来場者の頭上に展示された「ランドクルーザー XJ700」(クリックで拡大)
「ランドクルーザー XJ700」外観ハンドルも真っ白に塗られた 「ランドクルーザー XJ700」外観(左)、インテリアもスポーティーさを強調(右)(クリックで拡大)出典:トヨタ車体

 岩瀬氏は「いつの時代もクルマは夢や感動を与える存在であってほしい」とスピーチし、「70周年を迎えたこれからも、クルマに乗って移動することで新しい発見やトキメキをもたらす、そんなお客さまとのつながりを持ち続けたい」と熱意を述べた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.